BMWが「1シリーズ」の内装デザインをリファイン

2017.08.23 自動車ニュース
「BMW 1シリーズ」
「BMW 1シリーズ」拡大

BMWジャパンは2017年8月23日、「BMW 1シリーズ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

※日本仕様はすべて右ハンドル
※日本仕様はすべて右ハンドル拡大
 
BMWが「1シリーズ」の内装デザインをリファインの画像拡大
 
BMWが「1シリーズ」の内装デザインをリファインの画像拡大

今回の改良では内装デザインの大幅変更と、一部装備の見直しが行われた。

インテリアでは、ハイグロスブラックを使用したセンターコンソールとインストゥルメントパネルに新デザインを採用したほか、トリムにはクロームメッキ加飾を追加。素材も上質なものへと変更し、質感も向上させた。

装備面では、タッチ操作に対応したコントロールディスプレイを採用。HDDナビゲーションシステムのメニュー画面の使い勝手も向上させている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 118i:317万円
  • 118iスポーツ:364万円
  • 118iスタイル:364万円
  • 118i Mスポーツ:384万円
  • 118dスポーツ:385万円
  • 118dスタイル:385万円
  • 118d Mスポーツ:405万円
  • 120iスポーツ:439万円
  • 120iスタイル:439万円
  • 120i Mスポーツ:452万円
  • M140i:618万円

(webCG)

 

関連キーワード:
1シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
ホームへ戻る