フェラーリが新型車「ポルトフィーノ」を発表

2017.08.23 自動車ニュース
「フェラーリ・ポルトフィーノ」
「フェラーリ・ポルトフィーノ」拡大

伊フェラーリは2017年8月23日、新型オープンスポーツカー「フェラーリ・ポルトフィーノ」の概要を発表した。

 
フェラーリが新型車「ポルトフィーノ」を発表の画像拡大
 
フェラーリが新型車「ポルトフィーノ」を発表の画像拡大
 
フェラーリが新型車「ポルトフィーノ」を発表の画像拡大
 
フェラーリが新型車「ポルトフィーノ」を発表の画像拡大
 
フェラーリが新型車「ポルトフィーノ」を発表の画像拡大

ポルトフィーノは、「カリフォルニアT」の後継となる4シーターオープンモデル。2017年9月のフランクフルトモーターショーでの正式デビューが予定されている。

リトラクタブルハードトップを持つボディーはフェラーリ・デザインセンターが手がけたもので、サイズは全長×全幅×全高=4586×1938×1318mm。前後の重量配分は46:54となっている。最新鋭の製造技術を導入してボディーシェルの全コンポーネントを再設計した結果、軽量化とねじり剛性の強化を実現したという。

フロントには、ターボ付きの3.9リッターV8エンジンが搭載される。最高出力はカリフォルニアT比で40ps増しとなる600ps。最大トルクは760Nmで、0-100km/hの加速タイムは3.5秒、最高速度は320km/hと公表される。

ポルトフィーノは、選択したギアによって伝達トルクを調整する「バリアブル・ブースト・マネジメント」を搭載。すべてのギアにおいて、カリフォルニアTを上回る加速性能と優れた燃費性能を獲得した。また、第3世代の電子リアディファレンシャル(E-Diff3)の働きにより、限界域でのコントロール性を改善。E-Diff3と電動パワーステアリングを統合制御することでステアリングレシオを7%下げ、高速走行時の安定性を保ちつつ、ステアリングレスポンスを向上させたという。

居住性については、広々としたトランクルームや、先代よりも拡大された後席の足元スペース、10.2インチタッチスクリーンのインフォテインメントシステム、パッセンジャー用のディスプレーなどがセリングポイントとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
ポルトフィーノフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.8.11 試乗記 アストンマーティンの新型フラッグシップ「DBSスーパーレッジェーラ」が登場。「DB11」をベースに大幅な軽量化とパワーアップを図ったFRライン最高峰モデルは、超高性能スポーツカーでありながら快適なGTという性格も併せ持っていた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【海外試乗記】 2018.3.7 試乗記 フェラーリの新しいV8GT「ポルトフィーノ」に南イタリアで試乗した。この「カリフォルニアT」の後継モデルは、グランツーリスモとして一段と洗練されていただけでなく、跳ね馬の名に恥じない熱い走りを備えていた。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)【試乗記】NEW 2018.8.16 試乗記 「ポルシェ718ボクスター」に設定された、装備満載の最上級グレード「GTS」。365psを発生する2.5リッター4気筒ターボと、さらにスポーティーに調律された足まわり、アクティブトルクベクタリングに代表されるハイテクが織り成す走りをリポートする。
ホームへ戻る