谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・パナメーラ ターボ(前編)

2017.08.24 mobileCG

SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「ポルシェ・パナメーラ ターボ」に試乗する。550psの4リッターV8ツインターボエンジンを積み、4WDと4WS(四輪操舵システム)を備えるスーパーサルーンを、谷口はどう評価するのだろうか?

 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・パナメーラ ターボ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・パナメーラ ターボ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・パナメーラ ターボ(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・パナメーラ ターボ(前編)の画像拡大

リアの安定感がバツグンにいい

ポルシェ・パナメーラ ターボの試乗を終えた谷口信輝と、その様子をかたわらで見つめていたwebCGのスタッフT。今回もまずはふたりの会話に耳を傾けてみよう。

スタッフT:なかなか迫力のあるエンジン音でしたよ。ポルシェというよりは、ちょっとアメ車を思わせるようなサウンドでしたが……。谷口信輝(以下、谷口):フルルルルルゥっていう音だった?
スタッフT:そうですね、さすが550psって感じの音でした。

肝心の走りの印象はどうだったのか?
谷口:クルマとしては少し重い感じもしますが、やっぱりパワーがあるから加速はすごいですよね。あと、タイヤが頑張ってグリップしている感じがしました。結構いいタイヤがついているんじゃないですか?
スタッフT:えーと、「ピレリPゼロ」ですね。
谷口:あ、そう。そんなにすごいヤツじゃないんだ。でも、リアの安定感がバツグンにいいですね。まるでリアエンジンかって思うくらい、リアにしっかり荷重がかかっているみたいです。でもね……。
スタッフT:でも、なんですか?
谷口:なんかフロントが足らない感じなんですよ。
スタッフT:え? コーナーで頑張るとフロントがアウトに流れていっちゃう感じですか?
谷口:旋回中は、完全にフロントが負けちゃっている感じですね。

このパナメーラには、実は4WSのリアアクスルステアがついている。それで、低速域では回転半径を小さくするためにリアがフロントとは逆相、つまり反対向きに操舵して、ある程度以上スピードが出るとリアはフロントと同相、つまり同じ向きに操舵してリアのグリップレベルを高めているのだ。(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
パナメーラポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る