「メルセデスAMG E63」シリーズにステーションワゴンを追加

2017.08.25 自動車ニュース
「メルセデスAMG E63 4MATIC+ステーションワゴン」
「メルセデスAMG E63 4MATIC+ステーションワゴン」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年8月25日、「メルセデス・ベンツ Eクラス」のモデルラインナップに「E63 4MATIC+」「E63 4MATIC+ステーションワゴン」「E63 S 4MATIC+ステーションワゴン」を追加し、同日より予約受け付けを開始した。

「E63 4MATIC+ステーションワゴン」のリアビュー。
「E63 4MATIC+ステーションワゴン」のリアビュー。拡大
「E63 4MATIC+ステーションワゴン」のインテリア。
「E63 4MATIC+ステーションワゴン」のインテリア。拡大
「E63 4MATIC+ステーションワゴン」のフロントシート。
「E63 4MATIC+ステーションワゴン」のフロントシート。拡大
「E63 4MATIC+ステーションワゴン」のラゲッジルーム。容量は640~1820リッター。
「E63 4MATIC+ステーションワゴン」のラゲッジルーム。容量は640~1820リッター。拡大
「E63 S 4MATIC+ Edition 1」は、2017年8月25日から同年12月22日までの期間限定で注文を受け付ける。
「E63 S 4MATIC+ Edition 1」は、2017年8月25日から同年12月22日までの期間限定で注文を受け付ける。拡大

メルセデスAMG E63は4タイプに

Eクラスのハイエンドモデルとして用意されるメルセデスAMG E63は、「メルセデスAMG GT」の流れをくむAMG製の4リッターV8ツインターボ「M177」ユニットを搭載するハイパフォーマンスモデル。これまではセダンの「E63 S 4MATIC+」のみのラインナップだったが、今回同じくセダンの「E63 4MATIC+」が追加されるとともに、それぞれのステーションワゴン版が用意されることになった。

セダン、ステーションワゴンとも、エンジンのパフォーマンスはE63 4MATIC+が最高出力571ps/最大トルク750Nm、E63 S 4MATIC+が同612ps/850Nmに達し、0-100km/h加速はE63 4MATIC+ステーションワゴンが3.6秒、E63 S 4MATIC+ステーションワゴンでは3.5秒の俊足ぶりだ。

トランスミッションは、トルクコンバーターに代えて湿式多板クラッチを採用した「AMGスピードシフトMCT」と呼ばれるAT(9段)を採用する。駆動方式は4WDの「AMG 4MATIC+」で、走行状況にあわせて前後のトルク配分を50:50〜0:100の範囲で調整。Sモデルではトルク配分を0:100に固定する「ドリフトモード」を用意した。

スポーティーな走りを支えるサスペンションは、エアサスペンションの「エアボディーコントロール」をベースとするスポーツサスペンション「AMGライドコントロールスポーツサスペンション」を採用。連続可変ダンピングシステムとの組み合わせにより、快適な乗り心地とスポーティーな走りを両立したという。

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスAMG E63のラインナップ拡充にあわせて、E63 S 4MATIC+(セダン)をベースとした特別仕様車「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+ Edition 1」の注文を2017年12月22日までの期間限定で受け付ける。この限定車は、専用ボディーカラーの「designナイトブラックマグノ」とハイグロスブラックの専用エクステリアパーツ「AMGナイトパッケージ」を組み合わせた精悍(せいかん)なエクステリアと、ブラックを基調とした室内にイエローのアクセントを施したインテリアにより、エクスクルーシブな雰囲気に仕上げられている。

メルセデスAMG E63の最新のラインナップと価格は次のとおり。なお、納車は9月上旬より順次開始される。

  • メルセデスAMG E63 4MATIC+:1650万円
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+:1785万円
  • メルセデスAMG E63 4MATIC+ステーションワゴン:1686万円
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+ステーションワゴン:1838万円
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+ Edition 1:1910万円

(文=生方 聡)

関連キーワード:
Eクラス ステーションワゴンEクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る