第517回:これは意外? それとも当然?
ヒット曲の自動車ブランド引用ランキング

2017.09.01 マッキナ あらモーダ!

コニャックよりもロールス・ロイス

ヒット曲の歌詞に登場するブランドで、最も頻度が高いのは?――そんな興味深い調査結果を、アメリカのブルームバーグが2017年8月18日に発表した。

2014年5月から2017年5月までに「ビルボード・ホット100」の20位以内にランクインした楽曲の歌詞を分析。登場するブランドや製品を数えたものだ。同じ曲に複数回出た場合は、1回しかカウントしていない。

調査した280曲には212のブランド名が含まれていた。ジャンル別には、自動車、モード、テレビ、映画、テクノロジー、アルコール、といったものが見受けられた。

中でも、上位12ブランドのうち8ブランドを占めたのは自動車で、1位はロールス・ロイスだった。

以下は結果のランキングと、歌詞に登場した回数である。
・1位:ロールス・ロイス(11回)
・2位:フェラーリ(9回)
・3位:ヘネシー<酒類>(7回)
・3位:ポルシェ(7回)
・5位:シボレー(6回)    
・5位:ランボルギーニ(6回)
・7位:ベントレー(5回)
・7位:キャデラック(5回)
・7位:ジョーダン<スニーカー>(5回)
・7位:メルセデス・ベンツ(5回)
・7位:ロレックス<時計>(5回)
・7位:ソラナックス<薬品>(5回)

ロールス・ロイスは、同じ自動車ブランドであるフェラーリやポルシェ、さらにコニャックのヘネシーや時計のロレックスを引き離してトップに輝いた。

ちなみにロールス・ロイスが歌詞に登場したのは、フューチャー(ラッパー)、ザ・ウィークエンド(R&B)、コダック・ブラック(R&B)などの作品だった。

この結果にロールス・ロイスも好意的だ。同ブランドの広報担当ジェリー・スパーン氏は、「(ロールス・ロイスが)ラグジュアリーの代名詞として使われるのは、ロールス・ロイスブランドへの貢献となる」とコメントしている。またスパーン氏は、音楽とロールス・ロイスに関連して、「顧客の約20%が有名人やミュージシャンであるという事実も、ロールス・ロイスの販売のうえで強力な武器となっている」という情報も明らかにしている。

「ビルボード・ホット100」にランクインされた歌の中で最も登場頻度が高かったのは、ロールス・ロイスだった。写真は2017年5月に公開されたワンオフモデル「スウェップテール」。
「ビルボード・ホット100」にランクインされた歌の中で最も登場頻度が高かったのは、ロールス・ロイスだった。写真は2017年5月に公開されたワンオフモデル「スウェップテール」。
たとえBMWグループ傘下になっても、ロールス・ロイスの威光は色あせていないことが証明された。
たとえBMWグループ傘下になっても、ロールス・ロイスの威光は色あせていないことが証明された。
フェラーリを扱った音楽は9曲、ベントレーは5曲にとどまった。モナコのモンテカルロにて。
フェラーリを扱った音楽は9曲、ベントレーは5曲にとどまった。モナコのモンテカルロにて。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事