日産、コンパクトで低価格な急速充電器を発表

2011.09.12 自動車ニュース

日産、コンパクトで低価格な急速充電器を発表

日産自動車は2011年9月12日、自社開発となる電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)向け新型急速充電器を発表した。2011年11月より販売を開始する。

■小さくて安い

現在も自社製の急速充電器を発売している日産自動車が、新たな急速充電器を発表した。

新型の特徴のひとつは小型化。奥行き×幅×高さ=640×750×1700mmの現行型に対し、新型は665×380×1840mmと、細長い形状とされた。
また回路設計に、直接周波数変換方式を採り入れた「マトリックスコンバーター」を採用。さらにコンポーネントのレイアウトを見直すことで、出力電圧(DC500V 最大)、出力電流(DC125A 最大)ともに現行型と同レベルとしながらも、コンパクト化が実現されたという。
これにより、駐車場の脇などの狭い場所にも設置が可能となり、駐車スペースを多く確保できる。

新型急速充電器は、充電に関する性能は変わらないが、装備品などに違いがある3種の仕様を用意。屋内での設置を前提とした「ベース仕様」のほか、液晶ディスプレイや4mのケーブルなどを装備し、屋外設置可能な「標準仕様」、そしてヒーターや耐冷仕様ケーブルが付与された「寒冷地仕様」がラインナップされる。
いずれもCHAdeMO規格に準拠したもので、「日産リーフ」以外にも「三菱i-MiEV」や「トヨタ・プリウスプラグインハイブリッド」などへの充電が可能だ。

前述の新回路設計を用いたことなどによりコストダウンも実現され、低価格になったことも新型のアピールポイント。詳細は明らかにされていないが、ベース仕様は現行型(147万円)の半額以下、標準仕様でも100万円を大きく下回る価格に設定されるという。

この急速充電器は2011年11月から全国の日産部品販売会社にて販売される。ガソリンスタンドや自治体をはじめ、高速道路、空港、道の駅などの諸施設、ショッピングセンターやコンビニエンスストアなどへの導入を推進していくという。また米国や欧州などでの販売も予定しているとのこと。

(webCG 本諏訪)


日産、コンパクトで低価格な急速充電器を発表
ケーブルの支点を高くすることで操作性を改善し、本体にひっかけるハンガーにもなるケーブルグリップ(写真左側)を付けることで、手を汚さずに充電ができるよう工夫された。
日産、コンパクトで低価格な急速充電器を発表
写真は標準仕様。
日産、コンパクトで低価格な急速充電器を発表

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。