「フィアット500」に真っ赤なボディの特別仕様車

2011.09.12 自動車ニュース
「フィアット500マジェンタ」
「フィアット500」に真っ赤なボディの特別仕様車「500マジェンタ」登場

「フィアット500」に真っ赤なボディの特別仕様車「500マジェンタ」登場

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2011年9月10日、「フィアット500」に特別仕様車「500 MAGENTA(マジェンタ)」を設定し、100台限定で販売を開始した。

内装も、レッド/アイボリーでコーディネイトされる。シートは、アイボリー/グレーのファブリックシートとなる。
「フィアット500」に真っ赤なボディの特別仕様車

「500マジェンタ」は、2011年3月に発売された2気筒エンジン+ATモード付5段シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」搭載の「500ツインエア ポップ」をベースに、特別色である「マゼンタレッド」のボディカラーを採用した限定車。「クローム仕上げキット」(アクセントライン付バンパーなど)や15インチアロイホイール(ヴィンテージデザイン)+185/55R15タイヤ、フルオートエアコンも特別装備される。

価格はベース車より10万円高い、225万円。販売台数は100台限定。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る