黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場

2017.08.31 自動車ニュース
「アバルト124スパイダー ワンイヤー アニバーサリー」
「アバルト124スパイダー ワンイヤー アニバーサリー」

FCAジャパンは2017年8月30日、オープンスポーツカー「アバルト124スパイダー」に特別仕様車「1 Year Anniversary(ワンイヤー アニバーサリー)」を設定し、同年9月9日に発売すると発表した。

 
黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場の画像
 
黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場の画像
 
黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場の画像
 
黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場の画像

今回の特別仕様車は、アバルト124スパイダーの日本導入1周年を記念した限定モデルであり、MT仕様が50台、AT仕様50台の、計100台が販売される。

特徴はこれまでのカタログモデルにはない内外装の仕様にあり、特に外装には、これまで設定のなかったブラック調のボディーカラーである「NERO SAN MARINO 1972 ブラック(メタリック)」を採用。インテリアにはホールド性に優れたレカロシートを装備している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • レカロシート
  • レザーシート/ナビゲーションパッケージ(アダプティブ機能付きフルLEDヘッドライト<光軸自動補正式>+ヘッドライトウオッシャー+ナビゲーション用SDカード+CD/DVDプレーヤー+フルセグ地上デジタルTVチューナー)

価格はMT仕様が426万6000円、AT仕様が437万4000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
124スパイダーアバルト自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.19 試乗記 フィアットの往年の2シーターオープン「124スパイダー」が、アバルトブランドの下でよみがえった。「マツダ・ロードスター」の骨格を持つ現代の124スパイダーの走りやいかに? 富士スピードウェイからの第一報。
  • アバルト124スパイダー 2016.7.4 画像・写真 FCAジャパンが「アバルト124スパイダー」を日本で初公開する。場所は千葉の幕張メッセで、8月5日~7日にかけて開催される、「AUTOMOBILE COUNCIL 2016」に出展される。いよいよ本邦初公開となるオープンスポーツカーの姿を、写真で紹介する。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
ホームへ戻る