黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場

2017.08.31 自動車ニュース
「アバルト124スパイダー ワンイヤー アニバーサリー」
「アバルト124スパイダー ワンイヤー アニバーサリー」拡大

FCAジャパンは2017年8月30日、オープンスポーツカー「アバルト124スパイダー」に特別仕様車「1 Year Anniversary(ワンイヤー アニバーサリー)」を設定し、同年9月9日に発売すると発表した。

 
黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場の画像拡大
 
黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場の画像拡大
 
黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場の画像拡大
 
黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、アバルト124スパイダーの日本導入1周年を記念した限定モデルであり、MT仕様が50台、AT仕様50台の、計100台が販売される。

特徴はこれまでのカタログモデルにはない内外装の仕様にあり、特に外装には、これまで設定のなかったブラック調のボディーカラーである「NERO SAN MARINO 1972 ブラック(メタリック)」を採用。インテリアにはホールド性に優れたレカロシートを装備している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • レカロシート
  • レザーシート/ナビゲーションパッケージ(アダプティブ機能付きフルLEDヘッドライト<光軸自動補正式>+ヘッドライトウオッシャー+ナビゲーション用SDカード+CD/DVDプレーヤー+フルセグ地上デジタルTVチューナー)

価格はMT仕様が426万6000円、AT仕様が437万4000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
124スパイダーアバルト自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.19 試乗記 フィアットの往年の2シーターオープン「124スパイダー」が、アバルトブランドの下でよみがえった。「マツダ・ロードスター」の骨格を持つ現代の124スパイダーの走りやいかに? 富士スピードウェイからの第一報。
  • これからお店に行く人にささぐ
    「スズキ・ジムニー」購入のススメ
    2018.7.23 デイリーコラム いよいよ販売が開始された新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。ここまでの取材を担当してきたwebCG編集部員が、過去の経験や記憶を総動員して、ジムニーを買う上でのちょっとしたポイントを紹介する。皆さん、ようこそジムニーワールドへ!
  • DS 7クロスバック グランシック(FF/8AT)/ソーシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.8.14 試乗記 DSブランドのフラッグシップにして初のSUVとなる「DS 7クロスバック」。きらびやかなデザインもさることながら、その走りもまた、フランス車ならではの個性が感じられるものだった。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • BMWが7代目となる次期「3シリーズ」の写真を公開 2018.8.16 自動車ニュース 独BMWは2018年8月16日、現在開発中である次期「BMW 3シリーズ」の写真を公開した。次期型は重心が現行モデルより約10mm低められており、同社史上最もパワフルな直列4気筒ガソリンエンジンを搭載するという。
ホームへ戻る