黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場

2017.08.31 自動車ニュース
「アバルト124スパイダー ワンイヤー アニバーサリー」
「アバルト124スパイダー ワンイヤー アニバーサリー」拡大

FCAジャパンは2017年8月30日、オープンスポーツカー「アバルト124スパイダー」に特別仕様車「1 Year Anniversary(ワンイヤー アニバーサリー)」を設定し、同年9月9日に発売すると発表した。

 
黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場の画像拡大
 
黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場の画像拡大
 
黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場の画像拡大
 
黒が目を引く特別な「アバルト124スパイダー」登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、アバルト124スパイダーの日本導入1周年を記念した限定モデルであり、MT仕様が50台、AT仕様50台の、計100台が販売される。

特徴はこれまでのカタログモデルにはない内外装の仕様にあり、特に外装には、これまで設定のなかったブラック調のボディーカラーである「NERO SAN MARINO 1972 ブラック(メタリック)」を採用。インテリアにはホールド性に優れたレカロシートを装備している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • レカロシート
  • レザーシート/ナビゲーションパッケージ(アダプティブ機能付きフルLEDヘッドライト<光軸自動補正式>+ヘッドライトウオッシャー+ナビゲーション用SDカード+CD/DVDプレーヤー+フルセグ地上デジタルTVチューナー)

価格はMT仕様が426万6000円、AT仕様が437万4000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
124スパイダーアバルト自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • ジュネーブモーターショー2018(その6) 2018.3.8 画像・写真 いよいよ開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の中から、フィアット、アバルト、アルファ・ロメオの展示を写真で紹介する。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 第475回:宣伝効果バツグン!?
    「フィアット124スパイダー」の教習車が登場!
    2016.11.11 マッキナ あらモーダ! イタリアで相変わらず人気の「フィアット124スパイダー」と「アバルト124スパイダー」。あまりにも注目されるがゆえに、意外な場所で使われているというのだが……? 現地在住のコラムニスト・大矢アキオのリポート。
ホームへ戻る