スズキ、フォルクスワーゲンとの提携を解消

2011.09.12 自動車ニュース

スズキ、フォルクスワーゲンとの提携を解消

スズキは2011年9月12日、独フォルクスワーゲンAGとの業務提携及び相互資本関係を解消することを取締役会で正式に決定したと発表した。

スズキは、「フォルクスワーゲンとの提携の最大の目的は、環境技術車などの開発を加速するよう技術情報の提供などの技術支援をフォルクスワーゲンから受けることにあった」と説明。しかし、「議決権総数の19.89%という出資比率では、十分な技術的支援をフォルクスワーゲンから受けることが困難であるということを判断せざるを得ない状況となった」と、フォルクスワーゲンとの提携解消を決めた理由を述べた。

また、スズキが「経営判断の自主独立」を不可欠のものと考えているのに対し、フォルクスワーゲンがスズキを「財務的、経営方針上、重大な影響を与えることができる会社」として公表したことも理由のひとつにあげた。

今回の業務提携解消にともない、スズキは自社の意向に沿って株式を処分するようフォルクスワーゲンに対して要求。これがなされた場合は、スズキが保有するフォルクスワーゲンの株式についても同様に処分するとの考えを示した。

今後、両社の間で業務提携及び相互資本関係の解消について協議が持たれることになり、解消時期なども含めて最終的な結論に至った段階で、速やかに公表するとしている。

(webCG)

スズキ、フォルクスワーゲンとの提携を解消

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。