第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん)

2017.09.05 カーマニア人間国宝への道

激安店の人情紙の如し

降り注ぐさまざまなマイナス要素を、支払総額の安さで振り払い、私は激安中古「320d」の購入を決めた。本当にさまざまな思いが頭をよぎったが、結局決断に要した時間は30分程度であった。安さの威力恐るべし。

しかし気は抜けなかった。なにしろ人生で初めて、信頼できない気がするお店から中古車を買うのだ。

車検取得を含め納車まで約2週間。その間お店からの連絡は皆無であった。私は不安にかられて(?)、2万円という法外な手数料をはねのけ、希望ナンバーも追加で依頼した。番号は「820」。ハニワである。癒やし感満点のハニワが好きなので……。激安車の購入が平和裏に完結しますように、という願いを込めて。

ある日、見知らぬ番号から着信があった。私は無視していたが、2日後、それが例のお店からのものであることに気付いた。

コールバックしてみると、納車準備が整っているという。

敵はなんと、納車のお知らせすら再コールせず、2日間放置であった。さすが激安店……。人情紙の如し。キレ者だと思った責任者氏だが、紙切れだったか。そのビジネス戦略は多少詰めが甘いらしい。

「BMW 320d」の無事を祈念して、ハニワポーズ!(写真=池之平昌信)
「BMW 320d」の無事を祈念して、ハニワポーズ!(写真=池之平昌信)拡大
コーナーストーンズにある「大乗フェラーリ教祭壇」にも、憑代(よりしろ)としてハニワが飾られている。
コーナーストーンズにある「大乗フェラーリ教祭壇」にも、憑代(よりしろ)としてハニワが飾られている。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る