スバルが「レガシィ アウトバック/B4」をマイナーチェンジ

2017.09.04 自動車ニュース
「スバル・レガシィ アウトバック」
「スバル・レガシィ アウトバック」拡大

スバルは2017年9月4日、「レガシィ アウトバック/B4」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。

「レガシィ アウトバック」
「レガシィ アウトバック」拡大
「レガシィB4」
「レガシィB4」拡大
「レガシィB4」のバックショット。
「レガシィB4」のバックショット。拡大

今回の改良では、運転支援システム「アイサイト」や走行性能の強化、内外装デザインのブラッシュアップが行われた。

アイサイトについては、後退時自動ブレーキシステムを追加したほか、全車速域追従機能付きクルーズコントロールの車速域を0km/h~約120km/hへと拡大した。また、「アイサイトセイフティプラス」としてフロント&サイドビューモニターやアダプティブドライビングビーム、ステアリング連動ヘッドランプも搭載した。

走行性能では、サスペンションのチューニング変更や電動パワーステアリングの改良を実施。これによりフラットな乗り心地とリニアなハンドリングを実現したとされる。また、エンジン部品の軽量化やフリクション低減および制御の見直し、さらにリニアトロニックチェーンの改良などにより、燃費と静粛性の向上も実現している。

エクステリアはアウトバックとB4、それぞれの個性がより際立つデザインとした。具体的には、アウトバックは上質さと力強さ、存在感を強調するものに、B4は上質かつスポーティーなものへと変更した。また、ボディーカラーに「ワイルドネスグリーンメタリック」と「クリムゾンレッドパール」を新たに設定した。

インテリアについては、センターパネルのデザインを一新するとともに、インパネにダブルステッチを施したり、小径化した新デザインのステアリングホイールを採用することで質感を向上。利便性の強化も図られており、後席USB電源やオートドアロック機能の追加が行われた。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • アウトバック:329万4000円
  • アウトバック リミテッド:356万4000円
  • B4:302万4000円
  • B4リミテッド:324万円

(webCG)

関連キーワード:
レガシィB4レガシィアウトバックスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 「WRX STIタイプRA-R」が1日で完売!
    スバリストの心に刺さる“RA-R”ってなんだ?
    2018.7.25 デイリーコラム スバルが発売した500台限定のコンプリートカー「WRX STIタイプRA-R」が、なんとその日のうちに完売した。スバリストにとっては特別な響きを持つという“RA-R”とは一体何なのか? 自動車ライター、大音安弘が解説する。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • ホンダ・ジェイド ハイブリッドRS Honda SENSING(FF/7AT)【試乗記】 2018.7.30 試乗記 マイナーチェンジを機に、ホンダの6シーター「ジェイド」のラインナップに2列シートの5人乗り仕様が登場。そのスポーティーグレードからは、最近のワゴン車には感じられない懐かしい個性が伝わってきた。
ホームへ戻る