「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに

2017.09.06 自動車ニュース
新型「日産リーフ」
新型「日産リーフ」拡大

日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジし、千葉県の幕張メッセで報道陣を前に世界初公開した。同年10月2日に販売を開始する。

 
「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmにの画像拡大
 
「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmにの画像拡大
 
「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmにの画像拡大
 
「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmにの画像拡大
インテリアは日産車に共通の「グライディングウイング」デザインを採用する。
インテリアは日産車に共通の「グライディングウイング」デザインを採用する。拡大
特徴的なデザインのシフトセレクターは先代譲り。
特徴的なデザインのシフトセレクターは先代譲り。拡大
「セレナ」「エクストレイル」に続いて、「リーフ」にも「プロパイロット」が搭載された。
「セレナ」「エクストレイル」に続いて、「リーフ」にも「プロパイロット」が搭載された。拡大

e-Pedalを初採用

2010年12月に登場した先代リーフが、日本の電気自動車市場において果たしてきた役割は大きい。この7年間あまりの間に日本国内で約8万台を販売し、急速充電インフラの拡大とあいまって、電気自動車をグンと身近なものにしてきた。

その電気自動車普及の立役者がフルモデルチェンジにより2代目に進化した。新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。

航続距離を左右する駆動用リチウムイオンバッテリーは、従来の24/30kWhから40kWhへと容量をアップ。これによりJC08モードの航続距離が228/280kmから400kmへと大幅に拡大した。新型のバッテリーは、80%の充電に要する時間は30分から40分に伸びたが、従来に比べてより大電流で充電できるため、30分の急速充電で蓄えられる電力が増え、走行可能距離も伸びている。

搭載されるモーターは、インバーターの改良により最高出力150ps(110kW)、最大トルク320Nm(32.6kgm)を発生。これは旧型に比べて41ps(30kW)と66Nm(6.7kgm)の向上となり、0-100km/h加速のタイムは15%、60-100km/h加速では30%短縮したという。エンジン車に比べてパワートレインからのノイズが小さい電気自動車では静粛性が気になるポイントだが、新型リーフでは、キャビンへの音の侵入経路となる隙間を徹底的に排除するとともに、各部の吸音、遮音、制振性を高めることで、プレミアムセダン並みの静粛性を実現したという。

ニッサン インテリジェントドライビングとして、新型リーフには「e-Pedal」「プロパイロット」「プロパイロット パーキング」を搭載。新開発のe-Pedalは、アクセルペダルの操作だけで発進、加速、減速、停止までが行えるというもの。同じ日産の「ノートe-POWER」でも同様のドライビングを実現しているが、新型リーフでは、減速時のブレーキを回生ブレーキだけでなく機械式ブレーキと統合制御し、4輪での制動を可能にした。また、傾斜のある坂道などでもアクセルペダルから足を離すだけで停止が保持できる。これにより、日常走行における約9割の減速がアクセルペダルの操作だけでカバーできるという。

高速道路の単一車線でアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動的に制御するプロパイロットに加え、駐車時に、ステアリングやアクセル、ブレーキ、シフト、パーキングブレーキの操作をすべて自動で制御するプロパイロット パーキングを搭載し、前向き/後ろ向き駐車、縦列駐車時のドライバーの負担を軽減する。

新型リーフは、2015年の東京モーターショーで披露された「IDSコンセプト」の流れをくむエクステリアデザインを採用する。フロントマスクはブーメラン型のランプシグニチャーと「Vモーショングリル」により、これまで以上に存在感を高めている。ボディーサイズは、全長が35mm、全幅が20mm拡大してそれぞれ4480mm、1790mmになる一方、全高は10mm低い1540mmに。インテリアは、日産車に共通の「グライディングウイング」デザインを採用。また、7インチの液晶ディスプレイをメーターに採用して各種情報を表示する。

また日産は、さらに航続距離を伸ばし、高出力モーターを搭載するハイパフォーマンスモデルを2018年に発売する予定である。

新型リーフ発売時のラインナップと価格は次のとおり。

  • S:315万360円
  • X:351万3240円
  • G:399万600円

(文=生方 聡)

→新型「日産リーフ」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
リーフ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
ホームへ戻る