【スペック】全長×全幅×全高=4820×1945×1410mm/ホイールベース=2745mm/車重=2320kg/駆動方式=4WD/6リッター W12DOHC48バルブターボ(575ps/6000rpm、71.4kgm/1700rpm)/価格=2415万円(テスト車=2524万7000円)

ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/6AT)【試乗記】

得難い世界 2011.09.12 試乗記 ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/6AT)
……2524万7000円

新型「ベントレー・コンチネンタルGT」に試乗。伝統のブランドが放つ最新モデルは、どんな走りを見せるのか?

スポーツカーとは違う味

フルモデルチェンジした「ベントレー・コンチネンタルGT」。本国では2010年に発表、わが国には2011年2月に導入された。6リッター12気筒にフルタイム4WDという成り立ちは従来型から継承。改良点として、出力とトルクが増加し、トルク配分が従来の50対50から40対60へ、そして6段ATのシフト時間が半分になったことが挙げられる。

早く快適なクーペ、という「コンチネンタルGT」の根幹にあるコンセプトは、新型にも引き継がれている。「スーパーカーのような走りをしつつも、乗り心地や実用性を犠牲にはしていません」と、フォルクスワーゲン傘下でベントレーがスタートを切ったときからさきごろまでCEOを務め、ベントレーを成功に導いたドクター・フランツ=ヨゼフ・ペフゲンはかつて、発表にあたってこのクルマをひと言で表現した。

新型コンチネンタルGTに乗ると、ドクター・ペフゲンの言葉を実感する。グランドツアラーといっても、アストン・マーティンやポルシェのように限りなくスポーツカー寄りではない。比較的高い着座位置で、革とウッドとメタルに囲まれながら、高速移動が出来る――。優雅で快適という点において、ライバルから抜きんでているのが、新型コンチネンタルGTの真骨頂だ。

手仕事で仕立てられるインテリア。前席の背もたれをスリム化するなどした結果、後席のニールームは46mm広くなった。
手仕事で仕立てられるインテリア。前席の背もたれをスリム化するなどした結果、後席のニールームは46mm広くなった。
楕円(だえん)型のランプなど、新型「コンチネンタルGT」はディテールにまで、先代モデルのイメージが継承される。そのボディーパネルの製造に際しては、熱したアルミパネルを空気圧で成形する「スーパーフォーミング製法」が用いられる。
楕円(だえん)型のランプなど、新型「コンチネンタルGT」はディテールにまで、先代モデルのイメージが継承される。そのボディーパネルの製造に際しては、熱したアルミパネルを空気圧で成形する「スーパーフォーミング製法」が用いられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
ホームへ戻る