クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW G310R(MR/6MT)

ブランドって尊い 2017.09.09 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?

新興国市場席巻特命機種

結論めいた感想を先に述べさせてもらうと、やっぱりブランド力って尊いなあということです。

このG310Rは、BMWが新たに挑む小排気量セグメントの先鋭として新開発されたモデル。車名の「310」は排気量313㏄に由来。全体的なデザインは、BMWの街乗りスポーツラインのロードスターに属する「S1000R」を踏襲。最大のトピックは、パートナー企業のTVSモーター・カンパニーがインドで製造すること。その主目的はコストダウン。小排気量に適した低価格。さらにはあらゆる排ガス規制や現地法令をクリアするスペックを備え、「新興国市場を席巻すべし」という特命を帯びたのがG310Rなのです。

ちなみに日本での価格はおよそ60万円。普通自動二輪免許でもOKという触れ込み付き。「私でも乗れる」とよろこぶべきか、「BMWよ、お前もか」とうつむくべきか。さてさて。

取材チームで一盛り上がりしたのは、「もしバッジがなかったら?」。なかなか鋭い考察ですね。確かに、スタイル面は最近のストリートモデルとして標準的。BMWとしてはロードスターシリーズのオリジナリティーを主張するだろうが、僕らが知り得るBMWらしい唯我独尊的デザイン力は決して強いとは言えない。59万9000円に抑えるなら無理もない話だよねと、そういう納得はするけれど。

2017年6月に日本に導入されたBMWのニューモデル「G310R」。早くも派生モデルとして、2016年秋のミラノショーでアドベンチャータイプの「G310GS」が発表されている。
2017年6月に日本に導入されたBMWのニューモデル「G310R」。早くも派生モデルとして、2016年秋のミラノショーでアドベンチャータイプの「G310GS」が発表されている。拡大
フロントのサスペンションには倒立式フォークを採用。リアはアルミ製スイングアームにスプリング・ストラットの組み合わせとなっている。
フロントのサスペンションには倒立式フォークを採用。リアはアルミ製スイングアームにスプリング・ストラットの組み合わせとなっている。拡大
車両骨格はスチール製チューブラーフレームとボルトオン式のリアフレームで構成される。この角度から見ると、ホイールベースの割に長いスイングアームがよくわかる。
車両骨格はスチール製チューブラーフレームとボルトオン式のリアフレームで構成される。この角度から見ると、ホイールベースの割に長いスイングアームがよくわかる。拡大
メーターパネルには大型の液晶ディスプレイを採用。車速やエンジン回転数、燃費、残りの走行可能距離など、さまざまな情報を表示することができる。
メーターパネルには大型の液晶ディスプレイを採用。車速やエンジン回転数、燃費、残りの走行可能距離など、さまざまな情報を表示することができる。拡大
ブレーキは、フロントが4ピストン固定式キャリパーと300mm径のディスク、リアが2ピストンのフローティング式キャリパーと240mm径のディスクの組み合わせ。2チャンネル式のABSが標準装備される。
ブレーキは、フロントが4ピストン固定式キャリパーと300mm径のディスク、リアが2ピストンのフローティング式キャリパーと240mm径のディスクの組み合わせ。2チャンネル式のABSが標準装備される。拡大
500cc以下という、BMWにとって新しいセグメントに投入された「G310R」。新興国市場をにらみながらも、フロントフォークにアルマイト加工を施すなど、BMWらしい品質の高さも特長となっている。
500cc以下という、BMWにとって新しいセグメントに投入された「G310R」。新興国市場をにらみながらも、フロントフォークにアルマイト加工を施すなど、BMWらしい品質の高さも特長となっている。拡大

存在意義は「BMWのちっちゃいの!」

「軽々しくそんなこと言うな」と怒られる前に“らしい”ポイントを話しておきます。34psを発生する液冷単気筒エンジンは、前のめりのボディーシルエットに反して後傾したシリンダーを有し、吸気系を前に、排気系を後ろに置いています。いわゆる後方排気型は一部のレーサー系で見られる珍しいレイアウトなのですが、それをグローバルモデルに採用する点は、あるいはBMWらしいと言っていいかもしれませんね。非常にスムーズに回ります。しかもフレーム自体の剛性感が高いし、車重も159kgと軽量。自然な着座位置と相まって、スカッと風を切りたい街乗りでは最適かつ安心の乗り味でしょう。

以上を踏まえて言えば、非常に好意的な意味合いで、とてもフツーなオートバイです。だから嫌みな僕らは、「バッジがなかったら?」という議題を挙げたんですね。わかってはいるんです。天下のBMWであっても未開拓の市場獲得は重大議案であることを。そしてまた、天下のBMWだからこそオタメゴカシな流用ではなく、新型エンジンを開発する手間を惜しまなかったことも。

そうした本気度を知らしめるために、伝統と革新に裏打ちされた信頼の証しとしてのバッジがある。だからみんながG310Rの登場に驚く。またはよろこぶ。そういう図式。新興国と呼ばれる地域の人々がこのモデルをどう受け止めるかはよくわからないけれど、かつて“中型”が異常ににぎわったこの国の人なら、「BMWのちっちゃいの買っちゃった」と言えば、あえての選択にセンスが高いと褒められるかもしれない。それもブランド力のたまもの。ゆえに、何がどうあれBMWにしかつくれなかったオートバイということになりますね。

(文=田村十七男/写真=三浦孝明/編集=堀田剛資)

 
BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】の画像拡大
 
BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2000×820×1070mm
ホイールベース:1380mm
シート高:785mm
重量:159kg
エンジン:313cc 水冷4ストローク 単気筒 DOHC 4バルブ
最高出力:34ps(25kW)/9500rpm
最大トルク:28Nm(2.86kgm)/7500rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:30.3km/リッター(WMTCモード)
価格:59万9000円

関連キーワード:
G310RBMW試乗記

あなたにおすすめの記事