【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場

2017.09.08 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」

伊ランボルギーニは2017年9月6日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)に、オープントップの新型スポーツカー「アヴェンタドールSロードスター」を出展すると発表した。

 
【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場の画像
 
【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場の画像
 
【フランクフルトショー2017】高性能オープン「アヴェンタドールSロードスター」登場の画像

アヴェンタドールSロードスターは、日本で2017年4月にデビューしたランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドールS」のオープンバージョン。

ルーフには、カーボン製の取り外し可能なハードトップパネルが採用されており、「クーペとまったく異なる車体後部のボディーラインでロードスターならではのエアロダイナミクスを実現した」とうたわれる。ハートトップパネルの重量は6kg弱。フロントトランク内に収納できる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4797×2030×1136mm(サイドミラー除く)で、ホイールベースは2700mm。インテリア、エクステリア、脱着式ルーフはいずれも、カスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」を利用して自分好みにドレスアップ可能だ。

キャビン後方に縦置きされる6.5リッターV12自然吸気エンジンは、クーペのアヴェンタドールSと同じ最高出力740ps、最大トルク690Nmを発生。7段ISRトランスミッションを介して四輪を駆動する。0-100km/hの加速タイムは、クーペ(2.9秒)に0.1秒差の3.0秒、トップスピードはクーペと同じ350km/hと公表される。

走りを支えるメカニズムでは、最新のアクティブサスペンションや四輪操舵システム、車速と走行モードに応じて可動するアクティブリアウイング、カーボンセラミック製ブレーキなどが特徴となっている。

アヴェンタドールSロードスターの納車開始時期は、2018年2月になる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
アヴェンタドールランボルギーニ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.9.7 試乗記 740psという途方もないパワーを誇る「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」に試乗。この地をはうかのごときファイティングブルは、スーパーカーの中のスーパーカー! とたたえるにふさわしい存在感に満ちていた。
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.8.23 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった「R8スパイダー」に試乗。自然吸気のV10エンジンを搭載するアウディの最上級オープンはどんな走りを見せるのか。先代との比較を交えつつ、その印象を報告する。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
ホームへ戻る