第434回:2030年も内燃機関は健在!?
マツダ・技術開発長期ビジョン説明会の会場から

2017.09.12 エディターから一言
 
第434回:2030年も内燃機関は健在!?マツダ・技術開発長期ビジョン説明会の会場からの画像

マツダが2030年を見据えた技術開発長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言 2030」を発表。その目玉である次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」の仕組みを、生方 聡が解説する。

マツダの技術開発長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言 2030」を発表した小飼雅道社長。
マツダの技術開発長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言 2030」を発表した小飼雅道社長。
「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言 2030」の概要は、世界の自動車産業を取り巻く環境の急激な変化を踏まえ、より長期的な視野に立ち、クルマの持つ魅力である「走る歓び」によって、「地球」「社会」「人」それぞれの課題解決を目指すというものだった。
「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言 2030」の概要は、世界の自動車産業を取り巻く環境の急激な変化を踏まえ、より長期的な視野に立ち、クルマの持つ魅力である「走る歓び」によって、「地球」「社会」「人」それぞれの課題解決を目指すというものだった。
マツダの予測によれば、2035年の段階でも自動車のパワーユニットの主流は内燃機関であるという。
マツダの予測によれば、2035年の段階でも自動車のパワーユニットの主流は内燃機関であるという。

次世代エンジンSKYACTIV-Xを2019年に導入

2017年8月にトヨタとマツダが資本業務提携を行うことが発表され、注目を集めているのはご存じのとおり。その内容についてはニュースをご覧いただきたいが、記者会見の席でマツダの小飼雅道社長が「2030年、2050年に向け、走る歓びを先鋭化させたクルマづくりと、マツダらしいブランド価値経営により、小さくともより際立つ独自のブランドを築き上げていきます」と話していたのが印象的だった。

そうなると、将来に向けてマツダがどんなクルマをつくっていくのか気になるわけだが、記者会見の直後というタイミングで、マツダが新しい技術開発長期ビジョンを発表するというので、その説明会の場に足を運んでみることにした。

ここで発表されたのは、まさに2030年に向けたマツダの技術開発長期ビジョンであるサステイナブル“Zoom-Zoom”宣言 2030。同社は長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」を2007年に発表し、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」の両立に取り組んできたが、自動車産業を取り巻く環境の変化にあわせて、より長期的な視野のもと、新たに策定したのが2017年バージョンのサステイナブル“Zoom-Zoom”宣言 2030ということになる。

その概要もすでにニュースで採り上げられているとおりだが、注目は、その実現のためにマツダが次世代エンジンのSKYACTIV-Xを2019年から導入するという点だ。

あなたにおすすめの記事
新着記事