第13戦イタリアGP決勝結果【F1 2011 速報】

2011.09.11 自動車ニュース

【F1 2011 速報】第13戦イタリアGP、ベッテルがポール・トゥ・ウィン

F1世界選手権第13戦イタリアGP決勝が、2011年9月11日、イタリアのモンツァ・サーキット(5.793km)を53周して行われた。

一度も勝ったことのない“鬼門”コースで、レッドブル・ルノーが圧勝。セバスチャン・ベッテルがポール・トゥ・ウィンを達成し、今シーズン8勝目を飾った。ランキング2位だったチームメイト、マーク・ウェバーがリタイアしたことで、ポイントリーダーのベッテルはライバルに112点ものギャップを築くことに成功した。

2位はマクラーレン・メルセデスのジェンソン・バトン。3番グリッドからスタートでつまずいたものの、その後の追い上げで今年7度目のポディウムまでのぼりつめた。

3位はフェラーリのフェルナンド・アロンソ。前年のイタリアGP覇者は、5周目までトップを周回したが、持病のタイヤのあたたまりの悪さに足を引っ張られ優勝争いに絡めず、結局3位となった。

かつてフェラーリでティフォシ(熱狂的なフェラーリファン)を魅了したミハエル・シューマッハーは、メルセデスのマシンを駆り善戦。マクラーレンのルイス・ハミルトンと度々丁々発止を繰り広げ、結果ハミルトンに4位の座を奪われたものの、5位でフィニッシュラインを通過した。

フェラーリのフェリッペ・マッサは予選と同順位の6位、トロロッソ・フェラーリのハイメ・アルグエルスアリは予選18位から7位でゴール、フォースインディア・メルセデスのポール・ディ・レスタ8位、そして終盤熾烈(しれつ)な9位争いを制したルノーのブルーノ・セナ、それに惜しくも敗れたトロロッソのセバスチャン・ブエミが入賞した。

以下、11位パストール・マルドナド(ウィリアムズ・コスワース)、12位ルーベンス・バリケロ(ウィリアムズ)、13位ヘイキ・コバライネン(ロータス・ルノー)、14位ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)、15位ティモ・グロック(ヴァージン・コスワース)が完走した。

チャンピオンシップ1位のベッテルは284点、2位にあがったアロンソは172点、3位バトン167点、同点で今回ノーポイントに終わったウェバーがつき、ハミルトンは158点で5位のままだ。
コンストラクターズ選手権は、1位レッドブル451点、2位マクラーレン325点、3位フェラーリ254点、4位メルセデス108点、5位ルノー70点という順位である。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。