スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化

2017.09.11 自動車ニュース
「スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight」
「スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight」拡大

スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。

「インプレッサG4 2.0i-S EyeSight」
「インプレッサG4 2.0i-S EyeSight」拡大

今回の改良では、先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加。また、メーカーオプションの「アイサイトセイフティープラス」にサイドビューモニター機能を追加した。

価格はハッチバックの「スポーツ」、セダンの「G4」ともに「1.6i-L EyeSight(FF)」の194万4000円から、「2.0i-S EyeSight(4WD)」の261万3600円まで。

(webCG)

関連キーワード:
インプレッサスポーツインプレッサG4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る