【スペック】全長×全幅×全高=5010×1870×1465mm/ホイールベース=2835mm/車重=1860kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(220ps/5300rpm、35.7kgm/2500rpm)/価格=640万円(テスト車=652万9000円/メタリックペイント=8万4000円/U字カーゴレール=2万2000円/リアシートエアバッグ=2万3000円)

サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)【試乗記】

長距離ドライブに選びたい 2011.09.11 試乗記 サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)
……652万9000円
サーブの旗艦モデル「9-5」がフルモデルチェンジを果たし、日本に上陸した。2リッター直4ターボを搭載するベースグレードの走りを試す。

サーブただ今再建中!?

サーブ、正直忘れてたんじゃない? 僕は忘れていた。スウェーデンの航空機メーカー、サーブの自動車部門として1940年代に自動車製造を始めたサーブ・オートモビル。20年前にGMグループの一員となったが、2年前、GM自らが破綻した際にサーブを手放すことを決めたため、サーブは一時存続の危機にさらされた。紆余(うよ)曲折を経て、現在はオランダのスウェーディッシュ・オートモービル(旧スパイカー)が所有する。
今年に入って(スパイカー傘下の)サーブは中国の大手販売グループと資本提携、合弁生産を計画したが、これ以上自動車メーカーを増やしたくない中国政府は現時点でこの計画を認めていないため、サーブがスウェーデン国内の地方裁判所に提出していた会社更生法の申請は「事業を再建できると信じるに足る内容はない」として、8日に却下されたと報じられている。どうなる、サーブ!?

試乗したのは2モデルある現行ラインナップのうち、大きなほうの「9-5」。GM時代に開発されたモデルで、「オペル・インシグニア」や「ビュイック・リーガル」とほぼ同じプラットフォームが用いられている。ま、オペルもビュイックも日本で売ってないからピンとこないかもしれない。9-5は「ベクター」(FFもしくは4WD)と「エアロ」(4WD)の2グレードがあり、ベクターが2リッター直4ターボ、エアロは2.8リッターV6ターボを積む。いずれも6ATとの組み合わせ。今回はベクターの4WDをテストした。

新型はフロントグリルの中央に「saab」のロゴが配される。
新型はフロントグリルの中央に「saab」のロゴが配される。

サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)【試乗記】の画像
サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

9-5セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • サーブ9-5 2011.6.30 画像・写真 2011年3月18日に発売されたサーブのフラッグシップモデル「9-5」。震災の影響で3カ月ほど遅れて実車のお披露目会が行われた。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)【試乗記】 2003.4.29 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)
    ……470.0万円

    2003年1月から日本で販売が開始された、サーブの新しいスポーティセダン「9-3」。エアロパーツや17インチタイヤを装着し、210psのハイパワーユニットを搭載するトップグレード「エアロ2.0T」に、webCG記者が試乗した。


  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】NEW 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
ホームへ戻る