ロードスターアンバサダーが語る
初代「ロードスター」をマツダが自らレストアする理由とは?

2017.09.13 デイリーコラム

初代「ロードスター」の発売は28年前

2017年8月4日、自動車イベントの「オートモビルカウンシル」でマツダは、初代(NA型)「ロードスター」のレストアサービスを開始すると発表した。

初代ロードスターは1989年にデビュー。1998年に2代目の「NB」型へとバトンタッチするまで約10年にわたって販売された。デビューから今年で28年目を迎えるが、いまだにその人気は高く、中古車検索サイトなどをのぞくと、100万円を超える個体がゴロゴロと出てくるほど。デビュー当時の販売価格が170万円ほどだったことを考えると、驚きの高値安定ぶりである。

しかし、いくら人気車種であるとはいえ、マツダはあくまで新車の製造・販売を生業(なりわい)とする自動車メーカーである。それに、生産終了から19年を経たクルマのレストアでは、アフターマーケットのパイまで取っちゃえ! というほど収益の見込める事業とも思えない。

そこでマツダの広報部に質問してみた。

――NAロードスターのレストアプログラムについてお聞きしたいことがあるんですけど。具体的には、なぜ始めたのか知りたいんです。

マツダ広報部:それでしたら、当社に山本というものがおりますので、そちらにあたってみてください。

――もしかして山本さんって、あのNDロードスター開発主査にして、現ロードスターアンバサダーの山本修弘さんですか?

マツダ広報部:よくご存じですね。ではどうぞ。

思わぬビッグネームの登場に少々たじろいだが、こんなチャンスはそうそうあるものではない。筆者は思いのたけをぶつけてみた。

初代NA型「ユーノス・ロードスター」は1989年にデビューした。写真は1990年に追加設定された「Vスペシャル」。NARDI製ウッドステアリングやウッドシフトノブ、タンカラーの内装などを装備した豪華仕様だ。
初代NA型「ユーノス・ロードスター」は1989年にデビューした。写真は1990年に追加設定された「Vスペシャル」。NARDI製ウッドステアリングやウッドシフトノブ、タンカラーの内装などを装備した豪華仕様だ。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
ホームへ戻る