ロードスターアンバサダーが語る
初代「ロードスター」をマツダが自らレストアする理由とは?

2017.09.13 デイリーコラム

初代「ロードスター」の発売は28年前

2017年8月4日、自動車イベントの「オートモビルカウンシル」でマツダは、初代(NA型)「ロードスター」のレストアサービスを開始すると発表した。

初代ロードスターは1989年にデビュー。1998年に2代目の「NB」型へとバトンタッチするまで約10年にわたって販売された。デビューから今年で28年目を迎えるが、いまだにその人気は高く、中古車検索サイトなどをのぞくと、100万円を超える個体がゴロゴロと出てくるほど。デビュー当時の販売価格が170万円ほどだったことを考えると、驚きの高値安定ぶりである。

しかし、いくら人気車種であるとはいえ、マツダはあくまで新車の製造・販売を生業(なりわい)とする自動車メーカーである。それに、生産終了から19年を経たクルマのレストアでは、アフターマーケットのパイまで取っちゃえ! というほど収益の見込める事業とも思えない。

そこでマツダの広報部に質問してみた。

――NAロードスターのレストアプログラムについてお聞きしたいことがあるんですけど。具体的には、なぜ始めたのか知りたいんです。

マツダ広報部:それでしたら、当社に山本というものがおりますので、そちらにあたってみてください。

――もしかして山本さんって、あのNDロードスター開発主査にして、現ロードスターアンバサダーの山本修弘さんですか?

マツダ広報部:よくご存じですね。ではどうぞ。

思わぬビッグネームの登場に少々たじろいだが、こんなチャンスはそうそうあるものではない。筆者は思いのたけをぶつけてみた。

初代NA型「ユーノス・ロードスター」は1989年にデビューした。写真は1990年に追加設定された「Vスペシャル」。NARDI製ウッドステアリングやウッドシフトノブ、タンカラーの内装などを装備した豪華仕様だ。
初代NA型「ユーノス・ロードスター」は1989年にデビューした。写真は1990年に追加設定された「Vスペシャル」。NARDI製ウッドステアリングやウッドシフトノブ、タンカラーの内装などを装備した豪華仕様だ。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る