第519回:新型「リーフ」ついに誕生!
寝ずに待ってた欧州のファンが第一印象を語る

2017.09.15 マッキナ あらモーダ!

みんなこの日を待っていた

新型「日産リーフ」が2017年9月6日に発表された。

これまでボクは、欧州各地の初代リーフオーナーに会うたび、「新型はいつ登場するの?」「航続距離は?」などと聞かれた。「私は『ニューモデルマガジンX』ではないッ」と言いたくなるのをこらえたものだ。

そのくせ、発表前日になるとおせっかいな性格がむくむくと頭をもたげ、「明日は日本で新型リーフの発表がありますよ」と彼らに連絡を入れてしまった。

するとどうだ。彼らからは軒並み同じ返事が返ってきた。

「うん、もちろん知ってるよ」

イタリアやフランスのリーフオーナーは、ウェブ上のフォーラムなどを通じて日々情報を共有しているのだ。

そのうち数人は「今夜は途中で起きて、日本からのライブストリーミング動画を見るよ」という。彼らにとっては、アップルの新型「iPhone」発表会に相当するイベントなのであった。

彼らに印象を聞く前に、まずは欧州の自動車情報サイトをチェックしてみた。

フランスの『ロト・ジュルナール』はトップ扱いで、それは2日後の2017年9月8日まで続いた。

同じフランスの『オトピリュス』は2段目、イタリアの『オムニアウト』は3段目、『クアトロルオーテ』は8段目あたりでの扱いだった。フランクフルトモーターショー直前で新型車のニュースがあふれていることや、まだリーフの実車が上陸していないことなどを考えれば、まずまずの“取り上げ度”といえよう。

2017年9月6日に発表された、新型「日産リーフ」。傍らに立つのは、日産自動車の西川廣人(さいかわ ひろと)社長兼CEO。
2017年9月6日に発表された、新型「日産リーフ」。傍らに立つのは、日産自動車の西川廣人(さいかわ ひろと)社長兼CEO。拡大
新型「リーフ」のインテリア。初代モデルよりもスマートに各部の操作ができるよう配慮したという。
新型「リーフ」のインテリア。初代モデルよりもスマートに各部の操作ができるよう配慮したという。拡大
こちらは初代「リーフ」。イタリア中部におけるワンシーン。
こちらは初代「リーフ」。イタリア中部におけるワンシーン。拡大
初代「リーフ」のイタリア仕様車のメーターパネル。
初代「リーフ」のイタリア仕様車のメーターパネル。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • 日産リーフ G(FF)【動画試乗記】 2011.8.16 試乗記 日産リーフ G(FF)
    ……409万3950円

    2010年12月の発売以来、約8カ月でおよそ6000台が販売された「日産リーフ」。電気の作り方・使い方に注目が集まるいま、電気自動車のもつポテンシャルを探ってみた。
  • ジャガーXFスポーツブレイク プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.8.10 試乗記 伸びやかなルーフラインが美しいステーションワゴン「ジャガーXFスポーツブレイク」に試乗。「Fペース」や「Eペース」といった同門のモデルも含めて、SUVが幅を利かせるいま、あえてワゴンを選ぶ理由はどこにある?
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.8.9 試乗記 戦前のクルマづくりを今日に伝える英モーガンのスポーツカー「4/4」。1936年に誕生した“新車で買えるクラシックカー”は、のぞき込んでも乗ってみても、現代のクルマとは似るところがなく、付き合うほどに発見のある興味のつきない一台だった。
ホームへ戻る