【フランクフルトショー2017】アウディ、新型「RS 4アバント」を世界初公開

2017.09.13 自動車ニュース
新型「アウディRS 4アバント」
新型「アウディRS 4アバント」

独アウディは2017年9月12日、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)において、新型「RS 4アバント」を世界初公開した。

 
【フランクフルトショー2017】アウディ、新型「RS 4アバント」を世界初公開の画像
 
【フランクフルトショー2017】アウディ、新型「RS 4アバント」を世界初公開の画像
 
【フランクフルトショー2017】アウディ、新型「RS 4アバント」を世界初公開の画像
 
【フランクフルトショー2017】アウディ、新型「RS 4アバント」を世界初公開の画像
 
【フランクフルトショー2017】アウディ、新型「RS 4アバント」を世界初公開の画像
 
【フランクフルトショー2017】アウディ、新型「RS 4アバント」を世界初公開の画像

「RS」シリーズは、アウディの子会社であるアウディスポーツ社が手がけるハイパフォーマンスモデルである。RS 4アバントは「アウディA4」ファミリーのトップレンジに位置付けられるステーションワゴンとなる。

4代目となる新型には、4.2リッターV8エンジンに代えて、新たに2.9リッターV6ツインターボを搭載。最高出力450psは従来型と同等ながら、最大トルクは600Nmと、170Nm上乗せした。トランスミッションは8段AT、駆動方式はクワトロ4WDシステムを採用する。動力性能は0-100km/hが4.1秒、最高速度が250km/h(リミッター作動)で、オプションの「RSダイナミックパッケージ」を装着すると最高速度が280km/hに引き上げられる。また、燃費性能も向上しており、8.8リッター/100km(NEDC複合モードで約11.4km/リッター)という値は、従来型よりも約17%改善している。

足まわりについては「RSスポーツサスペンション」が標準装備され、スポーツサスペンションを装着したA4のスタンダードモデルに比べて車高は7mmダウン。このほか「ダイナミックライドコントロールシステム」や「セラミックブレーキシステム」「ダイナミックハンドリングシステム」などがオプションで用意され、ユーザーの好みに応じたセッティングができる。

かつて北米のモータースポーツシーンを席巻した「アウディ90クワトロIMSA GTO」からインスピレーションを得たとされるエクステリアは、フロントエンドにハニカムパターンを備えたエアインテークと、ワイドかつフラットなシングルフレームグリルを採用。精悍(せいかん)なイメージを強調している。リアエンドにはRS専用デザインのディフューザーインサートや、RSエキゾーストシステムのオーバルテールパイプ、RS専用デザインのルーフスポイラーなどが装着される。ホイールは19インチの鍛造アルミ製が標準で、オプションで20インチのホイールも選択できる。

インテリアはブラックを基調に、スポーティーなイメージを演出。RSスポーツシートやフラットボトムのRS革巻きマルチファンクションスポーツステアリングホイール、シフトゲート、照明付きドアシルトリムには「RS」のエンブレムが装着される。また、デジタルメーターパネルの「アウディバーチャルコックピット」およびヘッドアップディスプレイにもRS専用のデザインと機能が盛り込まれており、ディスプレイにGフォース、タイヤ空気圧、トルク値などを表示できる。

ドイツおよび他のヨーロッパ諸国では、2017年秋から注文受け付けが始められ、2018年初頭からデリバリーされる予定。価格は7万9800ユーロ(約1045万円、1ユーロ=131円で換算)となっている。日本への導入時期は未定。

(webCG)

関連キーワード:
RS 4アバントアウディフランクフルトモーターショー2017自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る