【フランクフルトショー2017】ポルシェが新型「カイエン ターボ」を世界初公開

2017.09.13 自動車ニュース
「ポルシェ・カイエン ターボ」
「ポルシェ・カイエン ターボ」

独ポルシェは2017年9月12日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)において、新型「カイエン ターボ」を世界初公開した。

 
【フランクフルトショー2017】ポルシェが新型「カイエン ターボ」を世界初公開の画像
 
【フランクフルトショー2017】ポルシェが新型「カイエン ターボ」を世界初公開の画像
 
【フランクフルトショー2017】ポルシェが新型「カイエン ターボ」を世界初公開の画像
 
【フランクフルトショー2017】ポルシェが新型「カイエン ターボ」を世界初公開の画像

3代目となる新型「カイエン」が発表されたのは、2017年8月末のこと。当初ラインナップされた「カイエン」「カイエンS」に続き、現時点でのトップグレードとなるカイエン ターボがワールドプレミアされた。

新型のハイライトとなるエンジンは、従来の4.8リッターV8ツインターボに代えて、新たに4リッターV8ツインターボを採用。ターボチャージャーをエンジンのバンク間にレイアウトするこのユニットは、従来型を30psと20Nm上回る550psと770Nmを発生。8段ATと4WDシステム「ポルシェトラクションマネージメントシステム」が組み合わされており、0-100km/h加速は4.1秒(スポーツクロノパッケージ装着車は3.9秒)、最高速度は286km/hと公表される。

「アダプティブルーフスポイラー」が搭載されたのもニュースだ。この可変空力パーツは、効率の最適化やリアアクスルのダウンフォース増加に寄与するもので、エアブレーキポジションでは高速走行時の制動距離が短縮され、250km/hからのフルブレーキングにおいて、アダプティブルーフスポイラー非装着の車両に比べて、制動距離を最大2m短縮できるという。

拡大されたエアインテークや水平にカットされたヘッドランプなどの外装デザインはベーシックモデルと同様ながら、カイエン ターボはポルシェダイナミックライトシステムのLEDヘッドライトを標準装備。このほか、「21インチターボホイール」や専用ツインテールパイプも同車の特徴となっている。ドアトリムとリアエプロンはボディーと同色に塗装される。

(webCG)

関連キーワード:
カイエンポルシェフランクフルトモーターショー2017自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ポルシェ) 2017.9.14 画像・写真 フランクフルトショーの会場から、リアウイングのない「911 GT3ツーリングパッケージ」やハイパフォーマンスモデルの「911 GT2 RS」、最高出力550psを発生する新型の「カイエン ターボ」などが展示された、ポルシェのブースを写真でリポート。
  • 第449回:日本のブレーキシステムも搭載! 新型「ポルシェ・カイエン」はここに注目 2017.10.12 エディターから一言 2017年夏のフルモデルチェンジで、全方位的な進化を遂げたとアピールされる、ポルシェのSUV「カイエン」。その技術的な見どころは? ポルシェに詳しいモータージャーナリスト・河村康彦が、ドイツで得られた情報をお伝えする。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記