新型「フィアット・パンダ」、IAAでデビュー【フランクフルトショー2011】

2011.09.09 自動車ニュース

【フランクフルトショー2011】新型「フィアット・パンダ」、フランクフルトでデビュー

伊フィアットは、2011年9月13日のプレスデイで幕を開けるフランクフルトモーターショーにおいて、新型「パンダ」をデビューさせる。

■円熟の3代目

1980年に登場した初代「パンダ」は、ジウジアーロの手になる、フロントのウインドシールドにまで平面ガラスを使った直線と平面で構成されたスタイリングをはじめ、徹底的に合理性を追求したベーシックカーだった。かつての「シトロエン2CV」や「ルノー4」にも通じるそのコンセプトは高く評価され、20年以上の長寿を誇った。

ひと回り大きくなった5ドアボディーを持つ2代目は、2003年にデビュー。欧州ではヨーロッパ・カー・オブ・イヤーを獲得するなど、初代同様にベーシックカーとして評価された。しかし、シンプルな機能美とインテリジェンスを感じさせるアイデアが随所に見られるところから、初代パンダをオシャレなクルマとして見る向きも少なくなかった日本では、「丸くなって、フツーになった」2代目の人気はいまいちだった。

さて、フィアットによれば、「活発さやちゃめっ気を失うことなく、円熟の境地に達した」という3代目である。このクラスで「もっともルーミーで、もっとも快適なモデル」を目指したそうだが、スタイリングは先代からのキープコンセプト。ただしフィアット自身が「スムーズ&マイルド」と呼んでいるように、あらゆる部分から角が取れて丸く、柔らかくなった新型は、「ルノー・カングー」に似ているような気がしないでもない。

このクラスではトップレベルの居住空間と荷室容積をさらに拡大し、加えて最高レベルの安全性を確保するため、プレスリリースによれば、ボディーは「ほんの2、3cm」大きくなった。しかし公表された寸法は全長3650mm、全幅1640mm、全高1550mmで、先代の3535mm、1590mm、1535mmと比べると全長は10cm以上長くなっているのだが、フィアットにそう指摘したら「でも全高はたった1.5cmしか高くなってないぜ」と言い返されるに違いない。いずれにしろ、「それでも依然としてコンパクト」というフィアットの主張は認めてやっていいだろう。

■バリエーション豊か

インテリアのデザインも一新された。ちょうど初代パンダのダッシュの下に、ほぼ全幅にわたる棚が用意されていたように、正面からの写真ではわかりにくいが、新しいダッシュの下方は大きなポケット(物入れ)になっているという。このほかにもたくさんの収納スペースや、多彩なシートアレンジ機構を備えている。

「高性能とエコを両立した」とうたうエンジンは4種類。新顔はひと足先に「500」に搭載された875ccのツインエアのターボ(85hp)とその自然吸気版(65hp)で、どちらもアイドリングストップ機構が標準で備わる。従来からの1.2リッター直4(69hp)のファイアエンジンもリニューアルして搭載される。欧州で主流のディーゼルは、1.3リッターのマルチジェットII(75hp)で、こちらもアイドリングストップを標準装備。ギアボックスは5段MTが標準で、遅れてツインエアには2ペダルMTのデュアロジックも用意される。
なお、エンジンにはツインエアターボ(ガソリン/メタノール)と1.2リッター直4(ガソリン/LPG)という2種類のバイフューエル仕様も追って加わるという。
また、当面はFFのみで、初代から設定されている「4×4」(4WD)は後から追加されるそうだ。

新型パンダは前述したように4種類のエンジンに3種類の外装トリム、4種類のインテリア、10色のボディーカラーなどによって、600種類以上もの組み合わせが可能になるという。

2代目パンダはポーランド工場で作られていたが、3代目は南部ナポリのポミリアーノ・ダルコ工場に新設されたラインで2011年11月から生産される。もともとこの工場はアルファ・ロメオが国営だった1970年代初頭に、南部イタリアの雇用拡大と活性化のために「アルファスッド」の生産拠点として建設されたものである。いわば国策だったわけだが、それから40年を経て一時は閉鎖のうわさもささやかれていたものの、再び国内の雇用対策のために復活するというわけだ。新型パンダは、フィアットの小型車としては久々のMade in Italyでもあるのである。

(文=沼田 亨)

新型「フィアット・パンダ」
新型「フィアット・パンダ」

新型「フィアット・パンダ」、IAAでデビュー【フランクフルトショー2011】の画像

新型「フィアット・パンダ」、IAAでデビュー【フランクフルトショー2011】の画像

新型「フィアット・パンダ」、IAAでデビュー【フランクフルトショー2011】の画像

新型「フィアット・パンダ」、IAAでデビュー【フランクフルトショー2011】の画像
関連記事
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る