プジョー、2台のディーゼルハイブリッド車公開【フランクフルトショー2011】

2011.09.09 自動車ニュース
「プジョーHX1」
プジョー、2台のディーゼルハイブリッド車を公開【フランクフルトショー2011】

【フランクフルトショー2011】プジョー、2台のディーゼルハイブリッド車を初公開

仏プジョーは2011年9月13日に開幕するフランクフルトモーターショーで、ディーゼルハイブリッドシステムを搭載する市販予定車「508RXH」と、コンセプトカー「HX1」を初公開する。

「プジョー508RXH」
「プジョー508RXH」

プジョー、2台のディーゼルハイブリッド車公開【フランクフルトショー2011】の画像

■508シリーズ3番目のモデル

既報のとおり、「プジョー508RHX」は508シリーズの新バリエーションとなるクロスオーバーモデルだ。ワゴンの「508SW」をベースに、専用フロントバンパーやデイタイムランニングライト、オーバーフェンダー、サイドシル、リアバンパー、18インチアルミホイールなどが追加され、アウトドアイメージが演出されるとともに、トレッドの拡大や車高のアップ、4WD化などにより、悪路走破性が高められている。

パワートレインは、「3008HYbrid4」(日本未導入)譲りのハイブリッドシステム「HYbrid4」を搭載する。2リッターディーゼルエンジンで前輪を、モーターで後輪を駆動し、システム全体で200bhpを発生するこのシステムは、モーターのみによる走行も可能。欧州複合サイクルで25.0km/リッターの燃費を記録する。

フランクフルトモーターショーでは「カレーンブラウン」のボディカラーにアルカンターラ内装を組み合わせた300台限定のリミテッドエディションが展示される。本国での発売は、2012年春が予定されている。

「プジョーHX1」
「プジョーHX1」
プジョー、2台のディーゼルハイブリッド車公開【フランクフルトショー2011】の画像

プジョー、2台のディーゼルハイブリッド車公開【フランクフルトショー2011】の画像

■6名乗車が可能

もう1台、ワールドプレミアとなる多目的車のコンセプトモデル「HX1」も、ディーゼルハイブリッドシステムを採用する。プジョーブランドのハイエンドカーが想定された同モデルは、ユニークな4+2レイアウトにより6名乗車を実現。ミニバンのような多人数乗車を、Cd値0.28のスタイリッシュなハッチバックスタイルで可能にした。

全長4.93mのボディ側面には、上方に跳ね上がる4枚のスイングアップドアが備わる。キャビンはBピラーレスの構造により、乗降性の向上が図られている。インテリアは「天然素材とハイテク装備の組み合わせにより、近代的かつ豪華な空間を追求した」とうたわれる。

ディーゼルエンジンにモーターが組み合わせる「HYbrid4」は、エンジン排気量が2.2リッターに拡大され、システム出力は299bhpへと高められている。

このハイブリッドシステムは、モーターのみによる走行で航続距離30kmを実現しているとのこと。公称される燃費は、約31.3km/リッター、CO2排出量は83g/kmとなっている。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
508プジョーフランクフルトモーターショー2011イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • プジョー508SWグリフ(FF/6AT)【試乗記】 2015.5.12 試乗記 プジョーのフラッグシップモデル「508」がマイナーチェンジ。果たして、最新型の実力は……? ワゴンの上級モデルに試乗してわかった、走りや乗り心地を報告する。
  • プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)【試乗記】 2011.7.31 試乗記 プジョー508グリフ(FF/6AT)/508SWアリュール(FF/6AT)
    ……414万円/409万円

    「プジョー508/508SW」に、徳大寺有恒が試乗。歴代プジョーを乗り継いだ巨匠は、新たなフラッグシップをどう評価する?
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
ホームへ戻る