クルマのリアルな燃費がわかる!?
新たな測定方法「WLTCモード」って何?

2017.09.15 デイリーコラム

国際基準でキチンと測ろう

2017年6月に登場した「マツダCX-3」のガソリンエンジンモデルで、新しい燃費測定方法「WLTCモード」による燃費値が、国内では初めて示されました。マツダのホームページを見てみると、従来の「JC08モード」と新しいWLTCモード、両方の燃費値が併記されています。

WLTCモードとは、「Worldwide harmonized Light vehicles Test Cycle(世界統一試験サイクル)モード」の略称。「WLTP(Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure:乗用車などの国際調和排出ガス・燃費試験法)」に基づく測定方法です。“ワールドワイド”という名称からもわかるように、日本国内専用のものではなく、国際的に広く使われることを想定した燃費の測定方法であり、表示方法なのです。

実は1年前の2016年秋に、経済産業省と国土交通省から「乗用車の排出ガス・燃費試験方法に国際基準を導入します」という発表がありました。つまり、国を挙げて燃費の計測と表示を国際基準に移行しようというわけです。

なぜ、そのようなことになったのでしょうか? 一番の理由は、カタログ燃費と実燃費の乖離(かいり)です。クルマのオーナーであれば、昔からカタログ表示の燃費性能と実際の燃費値が異なることは実感できるはず。そのため、カタログの燃費表示については、昔から実燃費に近づけるように努力はされてきました。最初は一定速度で走った燃費を表示していて、後に、決められた速度で走ったり止まったりする“モード方式”が採用されました。10モード燃費(1973年~)です。それをさらに、実走行に近づけようとしたものが10・15モード燃費(1991年~)であり、JC08モード燃費(2011年~)でした。

「マツダCX-3」。国内で初めてWLTCモードの認可を取得した。
「マツダCX-3」。国内で初めてWLTCモードの認可を取得した。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事