第436回:2030年までに全モデルを電動化
VWグループが掲げた「ロードマップE」とは?

2017.09.14 エディターから一言
VWグループのマティアス・ミュラーCEOと、自動運転車のEVコンセプトカー「セドリック」。
VWグループのマティアス・ミュラーCEOと、自動運転車のEVコンセプトカー「セドリック」。

フォルクスワーゲン(VW)グループが車両の電動化に拍車をかける。フランクフルトモーターショーの開幕直前に行われた前夜祭イベントで、VWグループのマティアス・ミュラーCEOが、e-モビリティー分野においてVWグループが世界でナンバーワンになると宣言。2016年6月に発表した「TOGETHER ストラテジー2025」の強化を発表した。その新たな戦略である「ロードマップE」とはどのようなものなのだろうか?

これまで“前夜祭”はモーターショーとは別会場で行われるのが通例だった。しかし今回は規模が大幅に縮小され、ショーのブースで開催された。
これまで“前夜祭”はモーターショーとは別会場で行われるのが通例だった。しかし今回は規模が大幅に縮小され、ショーのブースで開催された。
VWグループの2台のコンセプトカー、「セドリック」(奥)と「アウディ・アイコン」(手前)。
VWグループの2台のコンセプトカー、「セドリック」(奥)と「アウディ・アイコン」(手前)。

“前夜祭”に異変あり

正式名称「フォルクスワーゲングループ・プレビューナイト」、通称“VWナイト”――VWを筆頭に、アウディ、ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレーと、日本でもおなじみのさまざまな乗用車ブランド以下、グループに属するすべてのブランドを対象に、ショーに出展されるモデルたちを派手な演出と凝った舞台でショー開幕前に披露する場が、この“前夜祭”であった。

しかし、そんなイベントの趣も例の“ディーゼルスキャンダル”を境に一変。規模は大幅に縮小され、ブランドごとのCEOが登壇して行う長時間の個別プレゼンテーションも消滅。「この“前夜祭”であった」という過去形で表現したのは、そんな理由によるものだ。

一方で、趣向は変わったとはいえ、世界で行われる主要モーターショーを前に独自のイベントを行うこと自体は今でも変わりない。IAA、すなわちフランクフルトショー開幕前夜に開催された今回のVWナイトは、翌日からの展示会場でもあるフランクフルトコンベンションセンターの3号ホールが舞台となった。

前述の各ブランドに加え、セアトやシュコダなど日本ではなじみのないブランドも自身のブースを出展し、結果として“VWグループ大国”の様相を示すのが、フランクフルトモーターショー3号ホールでのいつもの光景だ。

もっとも、翌日からのショーで初公開されるモデルは、この前夜のタイミングではまだ何ひとつ展示されていなった。その点では、正式発表よりひと足先にさまざまな初披露車を目にすることができたかつてのやり方に比べて、“魅力半減”となった感は正直否めないところ。また、こうしてイベント会場がショー会場と同一とされたのも、終了後に徹夜で貴重なモデルを搬送する手間が省けるなど、コストカットという意味合いも大きかったに違いない。

あなたにおすすめの記事
新着記事