第437回:ディーゼルエンジンの技術革新は続く
ダイムラーが約3900億円の投資を表明

2017.09.14 エディターから一言
メディアナイト一番の目玉「スマート・ビジョンEQフォーツー」。(写真=ダイムラー)
メディアナイト一番の目玉「スマート・ビジョンEQフォーツー」。(写真=ダイムラー)

ここに来て欧州の自動車メーカーは一気に電動化へ傾き始めた感がある。今回のメルセデス・ベンツの展示も、もちろん電動車両が主役だ。しかし、ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長はモーターショーの前夜祭にあたる“メディアナイト”で、ディーゼルエンジンの技術革新に今後、約3940億円を投じると発表。ディーゼルを“将来有望なパワートレイン”と位置付けた。

まずはダイムラーのディーター・ツェッチェ会長が登壇。
まずはダイムラーのディーター・ツェッチェ会長が登壇。
ダイムラーは電動化だけでなく、内燃機関と燃料電池も将来有望と捉えている。
ダイムラーは電動化だけでなく、内燃機関と燃料電池も将来有望と捉えている。
メディアナイトはモーターショー会場の正面入り口近くにあるメルセデス・ベンツ・ブースで開催された。
メディアナイトはモーターショー会場の正面入り口近くにあるメルセデス・ベンツ・ブースで開催された。

ディーゼルエンジンに大型投資

世界中のメディアを対象にしたIAA恒例のメディアナイトがメルセデス・ベンツでも開かれた。メルセデス・ベンツのブースはIAAの会場入り口に近い建物にある。毎年、その建物の正面にはダイムラーグループ各社の最新モデルが並べられているが、今年は自動運転技術を搭載した大型路線バス「CityPilot」の展示がひときわ目を引いた。CityPilotは2016年のIAAハノーバー商用車ショーでお披露目されており、同じく自動運転技術を搭載した大型トラック「Highway Pilot」のアルゴリズムをバス用に最適化したシステムを搭載している。

メディアナイトはダイムラーのトップであるディーター・ツェッチェ会長の登壇から始まった。ツェッチェ氏はここで昨今のディーゼル問題や内燃機関から電動化へのシフトについて触れながら、未来のモビリティーについて今後は課題克服のため自動車メーカーという枠組みを超えた取り組みを行う必要性があると表明した。

ディーゼルエンジンに関しては、今後30億ユーロ(約3940億円)の投資を行ってさらなるクリーンで効率の良いエンジンとしていくと述べ、ガソリンエンジンに関しても技術革新を継続するとした。電動化については、2022年までにすべてのメルセデス・ベンツが販売する全モデルに対して電動パワートレインを導入するとして、その総数は50モデル以上になることが明かされた。さらに9月中にはダイムラーグループである三菱ふそうから電動小型トラック「eCanter」の市販版がニューヨークで発表されることも付け加えられている。これらについてツェッチェ氏は、「こうした積極的な経営は利益率10.2%が確保できているためで、研究開発費は2010年からすると65%アップにあたる。これを支えるのは2013年登場の『Sクラス』の好調な販売だ」と続けた。

また、ダイムラーとしては電動化、内燃機関、そして燃料電池の3本柱を将来有望なパワートレインとして捉えていることも発表された。これは、欧州における内燃機関を絶とうとする動きに対して一石を投じるものであると筆者には感じられた。

あなたにおすすめの記事
新着記事