第439回:8月に雪上をテストドライブ!?
アストンマーティン・オン・アイスに参加して

2017.09.16 エディターから一言
 
第439回:8月に雪上をテストドライブ!?アストンマーティン・オン・アイスに参加しての画像

紳士淑女ぞろいのオーナーに交じって、塩見 智がニュージーランドの雪上で最新のアストンマーティン各車の限界性能をテスト。ドリフトが決まれば気分はもう“007”!?

参加者が宿泊した、ニュージーランドはクイーンズランドに位置するミルブルックリゾート。5つ星クラスの豪華ホテルである。
参加者が宿泊した、ニュージーランドはクイーンズランドに位置するミルブルックリゾート。5つ星クラスの豪華ホテルである。
前夜祭の会場より。実際のアストンオーナーから「君のはどのモデル?」と聞かれるたびに、取材での参加であることを伝えるのが切なかった。
前夜祭の会場より。実際のアストンオーナーから「君のはどのモデル?」と聞かれるたびに、取材での参加であることを伝えるのが切なかった。
前夜祭で振る舞われたディナー。食事を通じたオーナー同士の交流も、イベントの楽しみのひとつだ。
前夜祭で振る舞われたディナー。食事を通じたオーナー同士の交流も、イベントの楽しみのひとつだ。

君のはどのモデル?

アストンマーティン・ラゴンダ社が2016年に始めた「アストンマーティン・オン・アイス」が2017年も開催された。真冬のニュージーランドの雪上にアストンマーティンの現行モデルを集め、世界各地から集結したアストンオーナーたちが、各モデルの高い運動性能を引き出すプログラムを楽しむイベントだ。今回、幸運にもメディア枠で参加できるというので、8月にもかかわらずスーツケースにフリースウエアやダウンジャケットを詰め込んで成田空港をたった。

ニュージーランド南島・南部のクイーンズタウンという街に到着。リゾート地で、この季節はスキーを楽しむ観光客でにぎわっている。アストンマーティン・オン・アイスが開かれるのは「サザン・ヘミスフェリカル・プルービング・グラウンド(SHPG)」。広大(感覚的にはひと山)でフラットな雪上面や氷上面に加え、雪上ハンドリングトラックや雪上サークルなど、全部で16のテストエリアが備わる。6~9月に雪上、氷上での走行テストが実施できる場所は北半球には存在しないため、毎年この時期、多くの自動車メーカーやタイヤメーカーが走行実験を実施する場所だ。

前夜祭。他の参加者から合言葉のように「君のはどのモデル?」と聞かれる。つまりオーナー同志の会話のとっかかりとしてどのアストンマーティンを持っているのかを尋ねられているわけだ。その度に「Actually I'm~(実は、私は……)」とメディアであることを説明するのがやや切ない。私が参加した日はオーストラリアやシンガポールなど、近隣国のオーナーたちが参加する日だった。国籍、民族的にどうあれ、アストンオーナーは落ち着いた紳士ばかり(同伴の奥さま方もしかり)でギラついた感じがない。けれど普段はアンダーステートメントなアストン各モデルがひと皮むけば(ドライバーが望めば)どう猛な走りを見せるように、彼らもここぞという時には攻めの経営で知られる人たちなのだろうか……と関係ないことを考えながら、翌日の走行に思いをはせた。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティン、新型「ヴァンテージ」を発表 2017.11.24 自動車ニュース アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を世界6カ国で同時公開した。「DB11」から導入された新世代のアルミボディーに、510psを発生する4リッターV8ターボエンジンを搭載。デリバリーは2018年の第2四半期に開始される予定となっている。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
ホームへ戻る