第210回:ヨーロッパ「珍日本車紀行」 2011年上半期総決算

2011.09.09 エッセイ

第210回:ヨーロッパ「珍日本車紀行」 2011年上半期総決算

【写真1】デュッセルドルフの日本街にたたずむ「マツダ121」。
第210回:ヨーロッパ「珍日本車紀行」 2011年上半期総決算

祖国を見ぬままに……

何年か前、両親の墓参りに多磨霊園を訪れた際のことである。ロイ・ジェームス氏もその地に眠っていることを知った。1966年生まれのボクが子供の頃活躍していた司会者兼タレントである。いわゆるガイジンの風ぼうにもかかわらず、しゃべる日本語は江戸っ子っぽいというギャップが印象的な人だった。

彼は1970年代に日産の宣伝にも多数出演した。「ロイの日産インフォメーション!」の掛け声とともに始まるラジオCMは何年も続き、東京モーターショーの日産ブースには、彼の顔が巨大スクリーンに投影されていたものだ。
ロイ氏は東京生まれで、最後は日本国籍をとったというから、日本にお墓があるのは当然といえば当然。だが本来の国籍であるロシアでなく、わが家の墓からわずかな距離のところで土に還っていたことに、少なからず感慨を覚えたものだ。

そのようなボクである。ヨーロッパ各地の取材先で見かける、本社所在地に帰ることなく異国の地でいつか朽ちてゆくであろう路上の日本ブランド車に感情移入せざるを得ないのだ。
ということで今回は、今年上半期にボクが各地で見かけて「オーッ」と声をあげた日本車を振り返ってみることにする。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。