フランクフルトショー2017で見た
“EVシフト”の実情と行方

2017.09.18 デイリーコラム

わずか2年で変わった潮目

2017年のフランクフルトショーが9月12日に開幕した。今年は、プレスデーの2日だけでなく、トレードデーの9月14日も居残って、3日かけてショーを見て回った。

取材2日目の朝、宿泊先のホテルにて手にした日経新聞の朝刊には、「EV(電気自動車)シフト鮮明」というフランクフルトショーの速報が掲載されていた。なるほど、確かに今回のショーでは、めぼしい自動車メーカーのほとんどがEVコンセプトを用意した。メルセデス・ベンツはコンパクトハッチバックの「EQA」、BMWはスポーティーな「iビジョンダイナミクス」、アウディはレベル5自動運転車の「アイコン」、フォルクスワーゲンは上海でデビューした「I.D.CROZZ」の進化版にあたる「I.D.CROZZ II」だ。また、日本勢でいえばホンダがハッチバックの「アーバンEVコンセプト」を出品。また、ルノーも完全自動運転車「SYMBIOZ(シンビオズ)」を持ち込んだ。会場のどこを歩いても、EVだらけという雰囲気だった。

しかし、忘れてはならないのは、ドイツ勢は、ほんの2年前までEVシフトに慎重だったこと。先にEVに手をつけたのは、日産と三菱自動車だ。三菱は2009年に「i-MiEV」、日産は2010年に「リーフ」というEVをリリースしている。ドイツ勢では唯一、BMWが2013年に「i3」を発売。しかし、迅速に動いた自動車メーカーはそこまでだった。

日系メーカーを見ても、いくつかのコンセプトやリース販売の限定車を除けば、トヨタやホンダも正式なEVのリリースはいまだ実現していない。しかしドイツ勢はさらに腰が重く、「環境対策はディーゼルで。次のステップはマイルドハイブリッドの48V。EVはまだまだ先」というスタンスであった。ちなみにマイルドハイブリッドの48Vシステムは、スズキの「S-エネチャージ」と同様に、オルタネーターを発電だけでなく加速アシストにも使うというアイデア。二次電池などの電圧を48Vにすることで、スズキの12Vのシステムよりも高効率を期待できるというものだ。

フランクフルトショー2017でメルセデスが世界初公開した、電気自動車のコンセプトモデル「コンセプトEQA」。
フランクフルトショー2017でメルセデスが世界初公開した、電気自動車のコンセプトモデル「コンセプトEQA」。
あなたにおすすめの記事
新着記事