第7回:アルファ・ロメオとマセラティ
グランプリのライバルから量産車メーカーへ

2017.09.21 自動車ヒストリー 戦前のグランプリレースで一時代を築いたイタリアの両雄、アルファ・ロメオとマセラティ。戦災や経営危機など、あまたの困難を乗り越えてきた両ブランドの歴史を、自動車史に名を残す名車の数々とともに振り返る。

戦前のレースで覇を競う

1930年のグランプリは、夏に入ると予期せぬ激震に見舞われた。アキーレ・ヴァルツィが、アルファ・ロメオからマセラティに電撃移籍したのである。彼はアルファ・ロメオのレース活動を担っていたスクーデリア・フェラーリのエースドライバーだった。激しいトップ争いを演じていた両チームの力関係を揺るがす大事件である。この年のマセラティは絶好調で、トリポリGPをはじめとした多数のレースで勝利を挙げた。

1920年代の後半、アルファ・ロメオとマセラティは国内外のレースで覇を競っていた。自動車誕生からしばらくするとクルマの性能とドライバーのテクニックを競う競技が始まり、1901年にはフランスで初めてグランプリの名を冠したレースが行われた。1920年頃からは各国でグランプリレースが開催されるようになる。当時の自動車はごく限られた層だけが手に入れることのできるぜいたく品で、ユーザーに高性能をアピールするレースは、自動車メーカーにとって重要なイベントだった。

現在、人々がアルファ・ロメオとマセラティについて抱くイメージは、いずれもイタリアの高級スポーツカーメーカーというものだろう。グランプリレースでのライバル同士が、今ではどちらもフィアットグループの一員となっている。両社とも苦難の時期を迎えたことがあり、時代の移り変わりに対応して大きな変化を経験してきた。

創業はアルファ・ロメオのほうが早い。ロンバルディア州の実業家たちがフランス車、ダラックのイタリア工場を買収し、1910年にロンバルダ自動車製造株式会社を設立したのが始まりである。社名はイタリア語で「Anonima Lombarda Fabbrica Automobili」と表記され、製造したクルマには頭文字の「A.L.F.A.」という名が与えられた。

技師で実業家のニコラ・ロメオは、第1次世界大戦の軍需で築いた財を投入し、ロンバルダ自動車製造株式会社の経営権を取得する。1918年には所有していた自らの会社と合併させ、ニコラ・ロメオ技師株式会社が誕生した。戦争が終わって生産が再開された民生用のモデルには、彼の名前を冠した「ALFA-ROMEO」のバッジが付けられることになった。

1924年から1930年にかけてグランプリレースで活躍した「アルファ・ロメオP2」。
1924年から1930年にかけてグランプリレースで活躍した「アルファ・ロメオP2」。拡大
戦間期のグランプリレースには、イタリアのアルファ・ロメオやマセラティ、フランスのブガッティ、ドイツのメルセデス・ベンツ、アウトウニオンなどが出場。好勝負を繰り広げた。
戦間期のグランプリレースには、イタリアのアルファ・ロメオやマセラティ、フランスのブガッティ、ドイツのメルセデス・ベンツ、アウトウニオンなどが出場。好勝負を繰り広げた。拡大
「アルファ・ロメオ」の前身となったロンバルダ自動車製造の製品には、社名の頭文字をとった「A.L.F.A.」(アルファ)の名前が与えられた。上のイラストに描かれているのは、同社にとって初の製品であり、初めて「アルファ」の名を冠したとされる「24HP」。
「アルファ・ロメオ」の前身となったロンバルダ自動車製造の製品には、社名の頭文字をとった「A.L.F.A.」(アルファ)の名前が与えられた。上のイラストに描かれているのは、同社にとって初の製品であり、初めて「アルファ」の名を冠したとされる「24HP」。拡大
ニコラ・ロメオ(1876-1938)
ニコラ・ロメオ(1876-1938)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事