クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フェラーリ488GTB(MR/7AT)

大人のミドエンジンフェラーリ 2017.09.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。

4.5自然吸気から3.9ターボへ

夜、webCG編集部のTさんが488GTBを届けてくれた。どんな音がするんだろうと楽しみにしていたのに、家にいてもそれらしい音は聴こえなかった。「ターボですから」。Tさんがそう言った。

4568mmの全長は5ナンバーサイズだが、幅はざっと2mに近い。拙宅の狭い駐車場に入れるのは、気を使う。リアカメラはあるが、計器盤のモニターは小さい。なによりも広角レンズが地上高20cmの低い位置に付いているため、すごいスピードで流れる地面ばかり映る。目がついていかない。さすがフェラーリ! ってことか。

知り合いに488GTBオーナーがひとりいる。その人は庭に買い集めた仏像をディスプレイすることが趣味で、488GTBのほかには「ベントレー・フライングスパー」と「モーガン」と「トヨタ・センチュリー」と「アルファード」をお持ちだ。フェラーリは本来そういうところで暮らすクルマである。

2年前、フィオラーノで開かれた488GTBの発表試乗会に参加しているTさんから、簡単なコックピットドリルを受ける。V8ミドシップフェラーリとして、前作「458」との最大の違いは、エンジンが自然吸気4.5リッターからツインターボの3.9リッターに変わったことである。

しかし、走行モードを替えるマネッティーノをはじめ、ステアリングやセンターパネルにある操作類のレイアウトや使い勝手は変わっていない。日本人の耳にイタリア語の響きはすごくかっこよく、ときに意味ありげに響くが、マネッティーノ“manettino”とは「手元スイッチ」くらいの意味である。

インテリアのデザインには細かな変更が加えられているが、基本的なレイアウトは「458イタリア」のものを踏襲している。
インテリアのデザインには細かな変更が加えられているが、基本的なレイアウトは「458イタリア」のものを踏襲している。拡大
見るからに低い位置に搭載された3.9リッターV8ツインターボユニット。従来の4.5リッター自然吸気ユニットと比較して、エンジン単体の重心は5mm低められている。
見るからに低い位置に搭載された3.9リッターV8ツインターボユニット。従来の4.5リッター自然吸気ユニットと比較して、エンジン単体の重心は5mm低められている。拡大
後ろ姿をレーシーに引き締める、本格的なデザインのリアディフューザー。リアフォグランプ(ライセンスプレートの直下)の下部にリアカメラが設置されている。
後ろ姿をレーシーに引き締める、本格的なデザインのリアディフューザー。リアフォグランプ(ライセンスプレートの直下)の下部にリアカメラが設置されている。拡大
試乗車のボディーカラーは「ロッソコルサ・メタリッザート」。
試乗車のボディーカラーは「ロッソコルサ・メタリッザート」。拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

静かに速い

翌朝、早出でスタートする。身構えて、赤いスターターを押すと、冷間スタートの一発目は意外におとなしかった。最近では、「BMW M4 GTS」あたりのほうがはるかに“爆音”だった。

マネッティーノは“スポーツ”。これがいわばノーマルで、その下は“ウエット”しかない。走りだしても静かである。おかげで、起き抜けにスーパーカーかァ……という気の重さがだいぶ緩和される。フェラーリとしては匍匐(ほふく)前進みたいなタウンスピードで走っていても、筋骨隆々たるシャシーの存在感や路面の近さやらで目が覚める。

高速道路に入る。運転支援システムを試さなきゃ、なんてことを考えなくていいのがうれしい。3.9リッターV8ツインターボの最高出力は670ps。458よりも100ps増えた。最大トルクは540Nmから一気に760Nmへアップした。しかしダウンサイジングターボ化で、CO2排出量は307g/kmから260g/kmに減っている。驚くべき技術力と情熱だ。

ETCゲートから加速する。フェラーリ発表の0-100km/hは3秒フラット。市販のV8モデルとしては、フィオラーノテストコースのラップレコードキングらしい。速いのは当然である。

しかもデュアルクラッチ自動MTの2ペダルだから、重いクラッチペダルを踏み、シフトゲートのガイドプレートにレバーをガチガチぶつけながら加速した昔と違って、右足ひとつでその高性能を引き出すことができる。カーボンパドルで扱うDCTは7段だが、レブリミットの8000rpm手前まで回すと、2速で103km/hまで伸びる。電光石火のDCTが1回変速するだけでゼロヒャクは完了する。

でも、高速道路で順法運転に努めている限り、やはり静かである。回転のツブツブがはっきりしていた458より、平熱が低い感じだ。大人のミドエンジンフェラーリである。

加速性能は0-100km/hが3.0秒で、0-400mが10.45秒。最高速は330km/h以上と発表されている。
加速性能は0-100km/hが3.0秒で、0-400mが10.45秒。最高速は330km/h以上と発表されている。拡大
試乗車にはスポーティーなデザインの「ゴールドレイク・レーシングシート」が装着されていた。インテリアカラーは「ネロ(黒)」。
試乗車にはスポーティーなデザインの「ゴールドレイク・レーシングシート」が装着されていた。インテリアカラーは「ネロ(黒)」。拡大
試乗車の室内にはオプションのカーボンパーツがふんだんに盛り込まれていた。センターコンソールの“センターブリッジ”もカーボンに。
試乗車の室内にはオプションのカーボンパーツがふんだんに盛り込まれていた。センターコンソールの“センターブリッジ”もカーボンに。拡大
「シルキック」(サイドシルプレート)もカーボン製。
「シルキック」(サイドシルプレート)もカーボン製。拡大
フロントフードの下には230リッターのラゲッジスペースが用意されている。
フロントフードの下には230リッターのラゲッジスペースが用意されている。拡大
空力性能の改善も「488GTB」の見どころのひとつ。250km/h走行時のダウンフォースは325kgに達するという。
空力性能の改善も「488GTB」の見どころのひとつ。250km/h走行時のダウンフォースは325kgに達するという。拡大

ゆっくり流しても楽しい

アナログタコメーターの左右に液晶モニターがある。左画面の近くにある“TURBO”というボタンを押すと、ターボの情報が出る。過給圧をBAR(バール)で示すのは一般的だが、ターボの「レスポンス」や「効率」もパーセンタイルの回転グラフで表示される。どういうふうに使ったらいいのか、日常生活には関係ないようだった。

ステアリングホイールの頂上部には、エンジン回転のパイロットランプが隠れている。5800rpmで赤いLEDがひとつ光り、徐々に増えて、7000rpmで5個が全点灯する。この赤い閃光(せんこう)を見るようになったら、ちょっともう冷静ではいられなくなる。『ハートに火をつけて』だ。

マネッティーノを“レース”モードにすると、すべてのゲインが上がり、488GTBは脇をギュッと締めたファイティングポーズをとる。しかし、けっして荒っぽくはならない。あらゆる反応が敏感になるだけだ。普段使いできるレースモードである。

行きつけの峠道に、このパワーとこの車幅は“ありすぎ”だったが、ゆっくり流していても、楽しかった。そこがドライブゲームと違うところだ。ワインディングロードでは、極上仕立てのレーシングカーである。

ワインディングロードを行く「488GTB」。パワーと車幅は“ありすぎ”だが、ゆっくり流していても楽しい。
ワインディングロードを行く「488GTB」。パワーと車幅は“ありすぎ”だが、ゆっくり流していても楽しい。拡大
マネッティーノは従来どおりステアリングホイールの右下に備わる。左下の赤いボタンはエンジンスタート&ストップ用。
マネッティーノは従来どおりステアリングホイールの右下に備わる。左下の赤いボタンはエンジンスタート&ストップ用。拡大
メータークラスターの中央にタコメーターが備わる(黄色いメーターダイヤルはオプション)。レッドゾーンは8000rpmから。
メータークラスターの中央にタコメーターが備わる(黄色いメーターダイヤルはオプション)。レッドゾーンは8000rpmから。拡大
タイヤサイズは前(写真)が245/35ZR20で、後ろが305/30ZR20。試乗車には「ピレリPゼロ」が装着されていた。
タイヤサイズは前(写真)が245/35ZR20で、後ろが305/30ZR20。試乗車には「ピレリPゼロ」が装着されていた。拡大

フェラーリとはなんぞや?

リアフェンダーの大きなエアインテークは、「308GTB」へのリスペクトを表現したとプレスリリースに記されている。うずくまったような上屋や、ルーフの曲線の具合なのか、もっと古い「ディーノ」も想起させる。広い車庫に収めるオーナーには、488GTBも「オレのかわいいフェラーリ」に見えるのかもしれない。

峠道を走り、空き地にクルマを寄せてメモ書きをしていたら、向こうの集落から30代くらいの男性が歩いてきた。クルマに近づいたところで「写真撮っていいですか」と丁寧に声をかけられる。スマホで撮り終えると、また戻っていった。エーッ、途中じゃなくて、わざわざ来たのか。

高速道路の本線を走っていたら、追い越しレーンを飛ばしてきた「メルセデスEクラス」が急減速して、後ろに入った。ACC(アダプティブ・クルーズコントロール)の装備が一般的になり、前走車に追従して走るクルマが増えている。フェラーリをロックオンすると、ちょっとトクした気分になりそうだ。

488GTBに乗っていて、あらためて思った。フェラーリとは、フェラーリであること、である。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=荒川正幸/編集=竹下元太郎/撮影協力=ホテルキーフォレスト北杜)

リアフェンダーのエアインテークは往年の「308GTB」へのリスペクトという。ルーフラインなどには、どこかしら「ディーノ」の面影もある。
リアフェンダーのエアインテークは往年の「308GTB」へのリスペクトという。ルーフラインなどには、どこかしら「ディーノ」の面影もある。拡大
ボディー側面のエアインテークはフラップで上下2段に分割されている。上段はエンジンの吸気用、下段はターボのインタークーラーの冷却用。
ボディー側面のエアインテークはフラップで上下2段に分割されている。上段はエンジンの吸気用、下段はターボのインタークーラーの冷却用。拡大
リアウィンドウの後端に開いたスロット状のインテークは“ブロウンスポイラー”と呼ばれる。ここに入った気流は車両の後方に排出され、ドラッグを軽減する。
リアウィンドウの後端に開いたスロット状のインテークは“ブロウンスポイラー”と呼ばれる。ここに入った気流は車両の後方に排出され、ドラッグを軽減する。拡大
今回の試乗距離は約380km。満タン法による燃費は6.8km/リッターとなった。燃料タンク容量は78リッター。
今回の試乗距離は約380km。満タン法による燃費は6.8km/リッターとなった。燃料タンク容量は78リッター。拡大

テスト車のデータ

フェラーリ488GTB

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4568×1952×1213mm
ホイールベース:2650mm
車重:1475kg(空車重量)
駆動方式:MR
エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:670ps(492kW)/8000rpm
最大トルク:760Nm(77.5kgm)/3000rpm
タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y/(後)305/30ZR20 103Y(ピレリPゼロ)
燃費:11.4リッター/100km(約8.8km/リッター ECE+EUDC複合サイクル)
価格:3070万円/テスト車=4256万2000円
オプション装備:ボディーカラー<スペシャルカラー:Rosso Corsa Met>(111万9000円)/内装色<Nero>(0円)/Apple CarPlay(37万8000円)/トロリーセット(98万3000円)/カラード・ブレーキ・キャリパー<アルミニウム>(13万7000円)/カーボンファイバー製リア・エアダクト(37万8000円)/カーボンファイバー製サイド・エアスプリッター(33万3000円)/カーボンファイバー製エンジンカバー(0円)/カーボンファイバー製リアディフューザー(86万2000円)/カーボンファイバー製アンダードアカバー(77万2000円)/カーボンファイバー製フロントバンパー保護フィルム(24万2000円)/カーボンファイバー製ドライビングゾーン(68万1000円)/カーボンファイバー製センターブリッジ(25万8000円)/カーボンファイバー製ドアパネル(62万円)/カーボンファイバー製シルキック(18万2000円)/カーボンファイバー製アッパートンネルリム(36万3000円)/カーボンファイバー製ダッシュボードインサート(60万5000円)/ロワー・ダッシュボードのカラード・レザー仕上げ<Rosso Ferrari>(12万1000円)/ヘッドレストの跳ね馬刺しゅう<Rosso>(11万4000円)/チタニウム製エキゾーストパイプ(22万7000円)/カーボンファイバー製フロントスポイラー(68万1000円)/スクーデリア・フェラーリ・フェンダー・エンブレム(16万7000円)/フロント&リア・パーキングカメラ(54万5000円)/フロント&リア・パーキングセンサー(0円)/20インチ・クロームドペイント鍛造ホイール(56万円)/カラー・レブカウンター<イエロー>(8万8000円)/ゴールドレイク・レーシングシート(81万7000円)/Hi-Fiオーディオ(56万円)/カラードステッチ<Rosso>(6万9000円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:4426km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:383.0km
使用燃料:56.5リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:6.8km/リッター(満タン法)
 

フェラーリ488GTB
フェラーリ488GTB拡大
 
フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】の画像拡大

関連キーワード:
488GTBフェラーリ試乗記

あなたにおすすめの記事