日産、新型「リーフ」の生産をいよいよスタート

2017.09.19 自動車ニュース
新型「日産リーフ」
新型「日産リーフ」

日産自動車は2017年9月19日、神奈川県の同社追浜工場において、新型「リーフ」のラインオフ式を行った。

日産の西川廣人(さいかわひろと)社長兼CEO。「グローバルでの累計生産台数1億5000万台という節目を、新型『リーフ』とともに迎えられたことがうれしい」と語った。
日産の西川廣人(さいかわひろと)社長兼CEO。「グローバルでの累計生産台数1億5000万台という節目を、新型『リーフ』とともに迎えられたことがうれしい」と語った。
式典には追浜工場のある神奈川県横須賀市の上地克明市長も登壇。「市民の一人として、追浜工場で『リーフ』が生産されることをうれしく思います。新型が世界を席巻することを夢見ています」と話した。
式典には追浜工場のある神奈川県横須賀市の上地克明市長も登壇。「市民の一人として、追浜工場で『リーフ』が生産されることをうれしく思います。新型が世界を席巻することを夢見ています」と話した。
式典は西川社長をはじめ、900人以上の従業員による「がんばろう!」三唱で幕を閉じた。
式典は西川社長をはじめ、900人以上の従業員による「がんばろう!」三唱で幕を閉じた。

発表から約10日で4000台以上を受注

リーフは日産の電気自動車であり、2017年9月に2代目となる新型が発表された。強化されたパワーユニットや最大400kmの走行を可能にしたとされるバッテリー、先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げている。

追浜工場は1961年に稼働を開始し、現在の生産能力は年間約24万台。「ジューク」や「キューブ」「ノート」が生産されており、先代に引き続きリーフの生産も行われる。

ラインオフ式には日産の西川廣人(さいかわひろと)社長兼CEOが登壇し、新型の受注台数が発表から10日ほどで4000台を超えたと発表。同社では新型の月販目標台数を「先代の2~3倍」にあたる2000~3000台(正確な数字は非公表)としており、西川社長は4000台という数字について「予想をはるかに上回るもの」と語った。

式典には追浜工場の従業員約900人が参列。西川社長は彼らに向けて「大きな受注をいただいており、皆さんの負担が増すかもしれませんが、気を引き締めて何とかがんばっていただきたい」とメッセージを送った。

また、会場では2017年8月に日産のグローバルにおける累計生産台数が1億5000万台を突破したことも発表された。1933年に創業し、1972年に1000万台を突破。その後は1977年に2000万台、1990年に5000万台、2006年に1億台と積み上げた。1億5000万台目の生産車は新型リーフだったという。

(webCG)

 

関連キーワード:
リーフ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
ホームへ戻る