日産、新型「リーフ」の生産をいよいよスタート

2017.09.19 自動車ニュース
新型「日産リーフ」
新型「日産リーフ」

日産自動車は2017年9月19日、神奈川県の同社追浜工場において、新型「リーフ」のラインオフ式を行った。

日産の西川廣人(さいかわひろと)社長兼CEO。「グローバルでの累計生産台数1億5000万台という節目を、新型『リーフ』とともに迎えられたことがうれしい」と語った。
日産の西川廣人(さいかわひろと)社長兼CEO。「グローバルでの累計生産台数1億5000万台という節目を、新型『リーフ』とともに迎えられたことがうれしい」と語った。
式典には追浜工場のある神奈川県横須賀市の上地克明市長も登壇。「市民の一人として、追浜工場で『リーフ』が生産されることをうれしく思います。新型が世界を席巻することを夢見ています」と話した。
式典には追浜工場のある神奈川県横須賀市の上地克明市長も登壇。「市民の一人として、追浜工場で『リーフ』が生産されることをうれしく思います。新型が世界を席巻することを夢見ています」と話した。
式典は西川社長をはじめ、900人以上の従業員による「がんばろう!」三唱で幕を閉じた。
式典は西川社長をはじめ、900人以上の従業員による「がんばろう!」三唱で幕を閉じた。

発表から約10日で4000台以上を受注

リーフは日産の電気自動車であり、2017年9月に2代目となる新型が発表された。強化されたパワーユニットや最大400kmの走行を可能にしたとされるバッテリー、先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げている。

追浜工場は1961年に稼働を開始し、現在の生産能力は年間約24万台。「ジューク」や「キューブ」「ノート」が生産されており、先代に引き続きリーフの生産も行われる。

ラインオフ式には日産の西川廣人(さいかわひろと)社長兼CEOが登壇し、新型の受注台数が発表から10日ほどで4000台を超えたと発表。同社では新型の月販目標台数を「先代の2~3倍」にあたる2000~3000台(正確な数字は非公表)としており、西川社長は4000台という数字について「予想をはるかに上回るもの」と語った。

式典には追浜工場の従業員約900人が参列。西川社長は彼らに向けて「大きな受注をいただいており、皆さんの負担が増すかもしれませんが、気を引き締めて何とかがんばっていただきたい」とメッセージを送った。

また、会場では2017年8月に日産のグローバルにおける累計生産台数が1億5000万台を突破したことも発表された。1933年に創業し、1972年に1000万台を突破。その後は1977年に2000万台、1990年に5000万台、2006年に1億台と積み上げた。1億5000万台目の生産車は新型リーフだったという。

(webCG)

 

関連キーワード:
リーフ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
  • いよいよ登場! 新型「日産リーフ」
    買いたい人にプロが一言アドバイス
    2017.9.8 デイリーコラム 日産のEV「リーフ」の新型が、2017年9月6日にデビューしました。国内の販売がスタートするのは、10月2日。この2代目の購入を考えている人は、どんなことを意識したらよいのでしょうか? 3人のモータージャーナリストに聞きました。
  • 第519回:新型「リーフ」ついに誕生!
    寝ずに待ってた欧州のファンが第一印象を語る
    2017.9.15 マッキナ あらモーダ! 初代をはるかに上回るスペックをひっさげて登場した、2代目「日産リーフ」。その仕上がりを、イタリアやフランスのリーフユーザーはどう評価している? コラムニストの大矢アキオがリポートする。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「オデッセイ」の情報を先行公開 2017.9.28 自動車ニュース 本田技研工業は2017年9月28日、同年11月にマイナーチェンジを予定している「オデッセイ」に関する情報を、ホームページ上で先行公開した。エクステリアデザインの変更に加え、安全運転支援システム「ホンダセンシング」の機能強化を予定している。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。
ホームへ戻る