高齢者による事故が激減する!?
最近話題の「サポカー」ってどんなもの?

2017.09.20 デイリーコラム

サポカー=サポートカー?

最近、メディアを中心に見聞きする機会が増えてきた「サポカー」。その語感から「サポートカー」とか、(多分)そういう言葉の略称だろうと思っている人が多いのではないだろうか。かく言う筆者も初めてこの言葉に触れた時の印象はそんな感じだった……。見たり聞いたりした人が、こういう印象を抱いたのであれば、そのネーミングに関しては、まずは成功と考えてもいいのではないだろうか。

別に政府の肩を持つわけではないが、こういう制度や愛称の類いは普及のためにも聞いてすぐイメージできることが重要。ゆえに経済産業省や国土交通省などが何度も会議を重ねて策定したわけだ。

話を戻すとサポカーは「安全運転サポート車」つまり「セーフティー・サポートカー」を短くしたもので「自動ブレーキ」や「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」などの先進安全技術を搭載した車両の普及啓発を行うために付けられた愛称ということになる。

そもそもこの取り組みが行われることになった大きな理由はやはり“高齢化”である。人口減少とともに年齢構成における高齢者の比率が増えていくことはわかりきっている一方で、それによる社会保障費や介護負担の増大なども懸念されている。そしてクルマの世界にもこの高齢化が大きな影を落としている。それが高齢者による交通死亡事故の増加である。

関係各省が発表したデータによれば、75歳以上の運転免許保有者は年々増加しており、平成27年度には約477万人、平成30年度末には532万人に達するという予測が出ている。その一方で昨今、話題になっているブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違い、さらにハンドルの操作不能、これらをまとめて「操作不適」と呼ぶが、75歳以上の高齢者による死亡事故の要因はこれが一番多いのである。

つまり“増え続ける高齢ドライバー”と“事故の要因が操作不適”。これらを減らすためにも先進安全装備の普及啓発が重要。これがサポカーの大きな狙いのひとつなのである。

トヨタが7月に発売した新型「カムリ」は、歩行者にも対応した自動ブレーキやレーンキーピングアシスト、オートハイビームを備えており「サポカーSワイド」に分類される。
トヨタが7月に発売した新型「カムリ」は、歩行者にも対応した自動ブレーキやレーンキーピングアシスト、オートハイビームを備えており「サポカーSワイド」に分類される。
あなたにおすすめの記事
新着記事