第441回:“ガレーヂ伊太利屋カラー”のアバルトが激走
日本人ドライバーがヨーロッパラリーに挑む

2017.09.22 エディターから一言
ローマ市内の中心部、「真実の口」前の広場で行われたセレモニアルスタートの様子。観光客も足を止めて見入っていた。
ローマ市内の中心部、「真実の口」前の広場で行われたセレモニアルスタートの様子。観光客も足を止めて見入っていた。

ラリーの本場、ヨーロッパで行われるヨーロッパラリー選手権(ERC)。イタリアで開催されたその第7戦に、日本のラリーチームとラリードライバーが参戦! 懐かしい“ガレーヂ伊太利屋カラー”の「アバルト500」がローマを駆けた。

昨年までイタリア選手権の一戦として開催されていた「RALLY DI ROMA CAPITALE」。今年はERCのカレンダーに加えられ、イタリア選手権とその下位カテゴリーである地域選手権「RALLY DI PICO」が併催された。
昨年までイタリア選手権の一戦として開催されていた「RALLY DI ROMA CAPITALE」。今年はERCのカレンダーに加えられ、イタリア選手権とその下位カテゴリーである地域選手権「RALLY DI PICO」が併催された。
全日本ラリー選手権にもmCrtから参戦している眞貝知志選手。ダニーロ・ファパーニ選手とコンビを組むのはこれが初で、ラリー前に事前テストを敢行してコンビネーションを確かめていた。
全日本ラリー選手権にもmCrtから参戦している眞貝知志選手。ダニーロ・ファパーニ選手とコンビを組むのはこれが初で、ラリー前に事前テストを敢行してコンビネーションを確かめていた。
サービスはイタリアのSPORTEC engineeringが担当。アバルト以外にもプジョーなどのラリー車を扱っており、参戦をサポートしてくれる心強い存在だ。
サービスはイタリアのSPORTEC engineeringが担当。アバルト以外にもプジョーなどのラリー車を扱っており、参戦をサポートしてくれる心強い存在だ。
“ガレーヂ伊太利屋カラー”に塗装された「アバルト500R3T」が、市役所前のヘアピンを立ち上がる。
“ガレーヂ伊太利屋カラー”に塗装された「アバルト500R3T」が、市役所前のヘアピンを立ち上がる。

あのカラーリングがイタリアで復活!

ERCの第7戦「RALLY DI ROMA CAPITALE」が、9月15日から17日にかけて、イタリア・ローマ近郊のフィウッジで開催された。

中世からの温泉地として知られ、イタリアではミネラルウオーターの産地としても有名なフィウッジで行われるこのラリー。今回、日本とはいささか縁遠そうなこのイベントを取材した理由は、日本のムゼオチンクエチェントレーシングチーム(mCrt)が参戦しているから。そして、往年のレースファンには懐かしい“ピンクのカラーリング”が久々に復活したからだ。

順を追って説明すると、mCrtは全日本ラリー選手権に「アバルト500R3T」で参戦しているチームである。RALLY DI ROMA CAPITALEに挑むのは昨年に続きこれが2度目。ドライバーを務めるのは、全日本ラリーにもmCrtから参戦している眞貝知志選手だ。眞貝は2007年から全日本ラリーに参戦しており、2009年には当時のJN2クラスを、2012年にはJN3クラスを制覇。2014年からはこのアバルト500R3Tでラリーに臨んでいる。

一方、今年のコ・ドライバーにはイタリア人のダニーロ・ファパーニ選手を起用。ファパーニは1997年に「スバル・インプレッサ」でイタリアチャンピオンを獲得。その後も数々のラリーに参戦し、2006年から2016年まではイタリア人ドライバー、シモーネ・カンペデッリと組んで世界ラリー選手権(WRC)やイタリア選手権で活躍してきた経験豊富なベテランである。

このファパーニの起用と並び、昨年の参戦から大きく変わった点が、チームを支援するパートナーにガレーヂ伊太利屋が加わったこと。それに伴い、マシンにピンクの“ガレーヂ伊太利屋カラー”が施されたことである。1970年代から1980年代にかけて、グラチャンやWECなど、各カテゴリーのレーシングカーを彩ったあのカラーリングだ。ルマン24時間レースに参戦した「ポルシェ962C」を思い出すようなファンの方なら、久しぶりにモータースポーツの世界に舞い戻った「伊太利屋」の文字が懐かしく感じられるの違いない。

あなたにおすすめの記事
新着記事