第155回:激走! 超希少ブガッティがポルシェと高速バトル
『スクランブル』

2017.09.21 読んでますカー、観てますカー

ありがち……いや、あり得ないカーチェイス

ラスト近く、ド派手なカーチェイスシーンがある。この映画で一番の見せ場だ。ブガッティで逃げる主人公を悪者が乗ったポルシェとマセラティが追いかける。片側は切り立った岩壁で反対側は申し訳程度のガードレールしかない崖。一つのミスが命に関わる険しい山道だ。主人公は巧みなドライビングテクニックで追いすがるマフィアを振り切る――。

ギリギリの状況で高速バトルを繰り広げるというのは、クライム・サスペンス映画ではありがちな展開だ。ハイパワー車がとてつもないスピードで危険な道を駆け抜けるというクライマックスシーン。言葉で説明すれば、特に違和感を持たないだろう。普通はそのブガッティが「ヴェイロン」だと思ってしまうからだ。

実際にスクリーンの中で走りまわっているクルマは、異様な形をしている。半ば独立したフロントフェンダーを持つロングノーズに半球形の巨大なキャビンが組み合わされ、フロントからリアエンドまでボディーセンターをフィン状の突起が貫く。これは「世界で最も美しいクーペ」と称される「タイプ57SCアトランティック」なのだ。1937年のクルマである。

スーパーチャージャー付きの直列8気筒エンジンを搭載し、最高速度は200km/hに達したというから、当時としては飛び抜けた高性能車だった。ただ、カーチェイスを演じるポルシェとマセラティは最新モデル。いくら腕のあるドライバーでも、勝負になるわけがない。ドリフトでコーナーを抜けていったアトランティックを追ってきたマセラティが曲がりきれずに岩壁に激突するなんて、本来なら起こり得ないことだ。そんなことを気にするのはやぼというもの。『スクランブル』は、細かいことを言わずにスピード感とどんでん返しを楽しむ映画なのだ。

(C)2016 OVERDRIVE PRODUCTIONS –KINOLOGY– TF1 FILMS PRODUCTION –NEXUS FACTORY
(C)2016 OVERDRIVE PRODUCTIONS –KINOLOGY– TF1 FILMS PRODUCTION –NEXUS FACTORY
「ブガッティ・タイプ57SCアトランティック」
ブガッティが1930年代に製造していた高級車が「タイプ57」。ローダウンされたシャシーにスーパーチャージャー付きのハイパワーエンジンを搭載したモデルが「タイプ57SC」である。アトランティックはエットーレ・ブガッティの息子ジャンがデザインしたモデルで、プロトタイプにマグネシウム合金が使われたために溶接ができず、リベット留めを採用したことで特異な造形になった。
「ブガッティ・タイプ57SCアトランティック」
	ブガッティが1930年代に製造していた高級車が「タイプ57」。ローダウンされたシャシーにスーパーチャージャー付きのハイパワーエンジンを搭載したモデルが「タイプ57SC」である。アトランティックはエットーレ・ブガッティの息子ジャンがデザインしたモデルで、プロトタイプにマグネシウム合金が使われたために溶接ができず、リベット留めを採用したことで特異な造形になった。
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事