【スペック】全長×全幅×全高=4260×1780×1430mm/ホイールベース=2575mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ+スーパーチャージャー(160ps/5800rpm、24.5kgm/1500-4500rpm)/価格=399万9000円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)【試乗速報】

いつもと違って見える空 2011.09.08 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)
……399万9000円

以前と変わらぬソフトトップ・スタイルで復活した「ゴルフカブリオレ」。注目のニューモデルに試乗した。

スマートでスポーティ

電動メタルトップの「イオス」に取って代わられたかに見えた、「ゴルフ」のオープンモデルが、ソフトトップとおなじみの車名をたずさえて帰ってきた。さっそくセンターコンソールのハンドブレーキ脇にある「U」字型のレバーを押し下げると、ソフトトップが動き出した。手動でロックのたぐいを外す必要はない。完全な自動だ。トップがキャビン背後に収まり、数cm下りていた窓がスッと戻ってオープン化完了。その間わずか9秒あまり。これは速い! と感動してしまった。

オープン状態になった新型をあらためて眺めると、従来の「ゴルフカブリオレ」とは何かが大きく違っている。あのトレードマークだったゴツいロールバーが消えているのだ。さらに、以前は畳まれたソフトトップがキャビンの後端で盛り上がっていたが(後ろがよく見えなかったよなぁ)、それもなくなってやけにスッキリしてしまった。おまけにAピラーの根元からキャビンをぐるりとクロームのモールディングが取り囲んでいる。スマートなクルマになったものである。

スマートなイメージは、若干傾斜が強められたウインドシールドによるところも大きいように思う。これは天地方向の高さも低く、全高でいうと55mmも低められている。そのためボディは全体としてクーペ的なバランスとなり、スポーティな雰囲気をぐっと高めることにもなっている。またこの天地に低いウインドシールドは、同時に乗員にとって開放感を高めることにも役立っており、心なしか流れる風景がより身近に感じられるクルマになっている。

写真のカーナビはディーラーオプションとなる、クラリオン製の「720SDCW」(26万2500円)。
写真のカーナビはディーラーオプションとなる、クラリオン製の「720SDCW」(26万2500円)。

フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)【試乗速報】の画像
搭載されるエンジンは、「ゴルフTSIハイライン」と同スペックのツインチャージャーユニット。
搭載されるエンジンは、「ゴルフTSIハイライン」と同スペックのツインチャージャーユニット。
ソフトトップはオープンに9.5秒、クローズに11秒かかる。30km/h以下であれば走行中も操作が可能。
(クリックするとルーフの開く様子がご覧いただけます)
ソフトトップはオープンに9.5秒、クローズに11秒かかる。30km/h以下であれば走行中も操作が可能。
(クリックするとルーフの開く様子がご覧いただけます)
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)【試乗記】 2013.3.25 試乗記 フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)
    ……375万円

    昨年フルモデルチェンジされた「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」に、早くもオープンモデルが登場。スペック表だけでは推し量れないその魅力を満喫すべく、屋根を開けて春の九十九里浜へ向かった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)【試乗記】 2011.10.19 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)
    ……399万9000円

    新型「ゴルフカブリオレ」に試乗。4人乗りオープンモデルの使い勝手とソフトトップの仕上がりは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)【試乗記】 2013.5.23 試乗記 初夏の富士を「ザ・ビートル カブリオレ」でドライブ。 スペックシートからは読み取れない、その魅力に触れた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第412回:歴史を作った高級セダン
    初代「スカイライン」の素顔に迫る
    2017.5.13 エディターから一言 今年誕生60周年を迎えた「日産スカイライン」。誕生月である4月には記念イベントも開催された。では、その原点となる初代スカイラインは、どんなクルマだったのだろうか? 歴史を作った名車の実像について、詳しくリポートする。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
ホームへ戻る