東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】スズキが新型クロスオーバーモデル「クロスビー」を世界初公開

2017.09.22 自動車ニュース
「スズキ・クロスビー」
「スズキ・クロスビー」拡大

スズキは2017年9月22日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日から11月5日)において、ワゴンとSUVを融合させたクロスオーバーモデル「XBEE(クロスビー)」を世界初公開すると発表した。

 
【東京モーターショー2017】スズキが新型クロスオーバーモデル「クロスビー」を世界初公開の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】スズキが新型クロスオーバーモデル「クロスビー」を世界初公開の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】スズキが新型クロスオーバーモデル「クロスビー」を世界初公開の画像拡大
「クロスビー アウトドア アドベンチャー」
「クロスビー アウトドア アドベンチャー」拡大
 
【東京モーターショー2017】スズキが新型クロスオーバーモデル「クロスビー」を世界初公開の画像拡大
「クロスビー ストリート アドベンチャー」
「クロスビー ストリート アドベンチャー」拡大
 
【東京モーターショー2017】スズキが新型クロスオーバーモデル「クロスビー」を世界初公開の画像拡大

SUVのたくましさとワゴンの使い勝手を両立

今回参考出展されるクロスビーは、今後スズキが市販化を予定している新型クロスオーバー車であり、さまざまなライフスタイルに似合う小型クロスオーバーワゴンと紹介されている。

特にパッケージングについては、取り回しのしやすいコンパクトなボディーで、大人5人がしっかり座れる広い車内空間を実現。多彩なシートアレンジや、汚れをふき取りやすい素材を用いたラゲッジルームも特徴となっている。

駆動方式はFFと4WDの2種類で、4WD車については多彩な走行モードを備えたドライブモードセレクト機能により、雪道やラフロードでも安心できる走破性能を確保。パワープラントには、ロングクルージングも快適にこなせる動力性能を実現するため、K10型ブースタージェットエンジンを採用している。

また前進時の衝突事故に備えた自動緊急ブレーキに加え、後退時衝突被害軽減ブレーキを採用するなど、安全に関連する装備についても充実を図っている。

デザインの異なる2種類のコンセプトモデルも

なお、今回のモーターショーにはスタンダードなモデルのほかに、内外装の仕様の異なる2種類のコンセプトモデル「アウトドア アドベンチャー」「ストリート アドベンチャー」も展示が予定されている。

前者は「大人が楽しむキャンプシーン」をテーマとしたもので、ウッド調のデカールや金属調の装飾パーツなどで内外装をコーディネート。ブラウンの合皮とヘリンボーン柄のファブリックのコンビシートが装備されており、ラゲッジルームにはアウトドアシーンでの使い勝手を高めるために、大型の樹脂ラゲッジボックスが用いられている。

一方、ストリート アドベンチャーは都会的なセンスで内外装をドレスアップしたというモデル。ブラックのボディーにホワイトのルーフ、イエローのアクセントを組み合わせた3トーンカラーのエクステリアは、アスレチックウエアを都会で着こなすトレンドをイメージしたもの。インテリアでは、外装同様各部に施されたイエローのアクセントカラーに加え、インストゥルメントパネルに施されたマップ(地図)調のグラフィックが特徴となっている。

主要諸元

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3760×1670×1705mm
  • ホイールベース:2435mm
  • パワープラント:996cc直3ターボエンジン+マイルドハイブリッド
  • 駆動方式:FF/4WD

(webCG)

関連キーワード:
スズキ東京モーターショー2017モーターショー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事