第443回:トレッドパターンを一新!
トーヨーのミニバン向け新型スタッドレスタイヤをテスト

2017.09.23 エディターから一言
 
第443回:トレッドパターンを一新!トーヨーのミニバン向け新型スタッドレスタイヤをテストの画像拡大

トーヨータイヤが開催した新型スタッドレスタイヤの試走会に参加。約6年ぶりにフルモデルチェンジされた、ミニバン向けスタッドレスタイヤの実力やいかに?

トーヨーのミニバン向け新型スタッドレスタイヤ「ウィンタートランパスTX」。
トーヨーのミニバン向け新型スタッドレスタイヤ「ウィンタートランパスTX」。拡大
「ウィンタートランパスTX」では、従来モデルから左右非対称コンセプトを受け継ぎつつ、サイプの倒れ込みを抑制する「3Dダブルウェービンググリップサイプ」を採用するなど、トレッドパターンが一新された。
「ウィンタートランパスTX」では、従来モデルから左右非対称コンセプトを受け継ぎつつ、サイプの倒れ込みを抑制する「3Dダブルウェービンググリップサイプ」を採用するなど、トレッドパターンが一新された。拡大
試走会の会場となったのは、東洋ゴム工業のサロマテストコース。全長約3kmの外周路に加えて、その内側にはハンドリングコースや氷上のスキッドパッドなどを備えている。
試走会の会場となったのは、東洋ゴム工業のサロマテストコース。全長約3kmの外周路に加えて、その内側にはハンドリングコースや氷上のスキッドパッドなどを備えている。拡大

日本には“ガラパゴス”なスタッドレスタイヤが必要

ついこの間まで盛んにセミが鳴き競っていたのに、いつしか長袖が必須という季節に。こうなると、雪国のクルマにとって、早くも考えなくてはならないのが足元の冬支度。そう、“降りだす前”の冬タイヤ=スタッドレスタイヤの装着だ。

日本の冬で厄介なのは、多くの積雪地帯で日中には積もった雪が溶けだし、それが夜になると再び凍って、見事なまでのアイスバーンを形成してしまうこと。

しかも交通量が多い都市部では、その上を多くの車両が通過することで表面をピカピカに磨き上げ、この上なく滑りやすい路面が誕生してしまう。そんな“磨き”の行程は、スリップを伴う発進と停止が繰り返されることで、本来なら最も高いグリップ力が必要となる交差点付近でより顕著になってしまう。この悪循環は“日本特有”と表現しても過言ではないほどだ。

日本の雪道には、そんな環境を念頭に開発された“ガラパゴス”なスタッドレスタイヤでないと通用しない……と、ハナシは続く。ここに紹介するのは「市場は日本のみ」とした上で今シーズン向けに新発売された、トーヨータイヤの新商品だ。

あなたにおすすめの記事
新着記事