東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】スズキが2台の世界初公開を含む9台の二輪車を出展

2017.09.22 自動車ニュース
東京モーターショーに参考出展されるスズキの二輪モデル。
東京モーターショーに参考出展されるスズキの二輪モデル。拡大

スズキは2017年9月22日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日から11月5日)における二輪車の出展概要を発表した。

「SV650X」
「SV650X」拡大
 
【東京モーターショー2017】スズキが2台の世界初公開を含む9台の二輪車を出展の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】スズキが2台の世界初公開を含む9台の二輪車を出展の画像拡大

今回、スズキは東京モーターショーに9台の二輪車を出展。このうちの4台が参考出展車で、そのうちの2台「SV650X」と「スウィッシュ」が世界初公開、「GSX-R125」が日本初公開となる。

これらを含む、参考出展車の概要は以下の通り。

【SV650X】
現代の最新技術と伝統的な外観を融合した、“ネオレトロ”と呼ばれるカテゴリーのコンセプトモデル。2016年のモーターサイクルショーで発表した「SV650ラリーコンセプト」の進化モデルにあたる。ビキニカウルやセパレートハンドルなどといった電動的なスポーツカスタムスタイルと、それによる低くスポーティーなライディングポジションが特徴となっている。

主要諸元

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2140×730×1090mm
  • ホイールベース:1450mm
  • パワープラント:645cc水冷4ストローク90度Vツインエンジン
「スウィッシュ」
「スウィッシュ」拡大
 
【東京モーターショー2017】スズキが2台の世界初公開を含む9台の二輪車を出展の画像拡大

【スウィッシュ】
スクーターを乗り継いできた大人のユーザーも納得できる上質感を重視した125ccクラスのスタンダードスクーター。ボディーマウント式のヘッドランプや、導光帯式LEDを用いたポジションランプとテールランプ、フルデジタルメーターなどが特徴となっている。
機能性も考慮しており、給油口をフロントに、燃料タンクをフロア下に配置したことでシート下のスペースを拡大。軽量・高効率のエンジンにより、取り回しのしやすさと軽快な走りも実現しているという。

主要諸元

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=1831×716×1108mm
  • ホイールベース:1248mm
  • パワープラント:124cc空冷4ストローク単気筒エンジン
「GSX-R125」
「GSX-R125」拡大
 
【東京モーターショー2017】スズキが2台の世界初公開を含む9台の二輪車を出展の画像拡大

【GSX-R125】
125ccクラスの単気筒エンジンを搭載した軽快なスーパースポーツモデルで、「GSX-R」シリーズの他のモデルに通じる、フルカウルのスタイリングが特徴となっている。パワープラントには4ストロークの水冷単気筒DOHCエンジンと6段トランスミッションの組み合わせを採用。17インチアルミホイールの採用により、市街地からサーキットまで、さまざまなシチュエーションで安定した走りを実現しているという。

主要諸元

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2000×700×1070mm
  • ホイールベース:1300mm
  • パワープラント:124cc水冷4ストローク単気筒エンジン
 
【東京モーターショー2017】スズキが2台の世界初公開を含む9台の二輪車を出展の画像拡大
 
【東京モーターショー2017】スズキが2台の世界初公開を含む9台の二輪車を出展の画像拡大

【GSX-RR】
二輪車レースの最高峰であるFIMロードレース世界選手権(MotoGP)において、トップカテゴリーのMotoGPクラスに投入されているレーシングモデル。レースにおける高いパフォーマンスの実現と、「GSX-R1000」をはじめとした市販モデルへの技術フィードバックを目的に開発がなされている。

主要諸元

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2096×720×1140mm
  • ホイールベース:1457mm
  • パワープラント:1000cc水冷4ストローク並列4気筒DOHC 4バルブエンジン
  • 車両重量:157kg以上
  • 最高出力:240ps(176kW)以上
  • 最高速:330km/h以上

(webCG)
 

関連キーワード:
東京モーターショー2017モーターショースズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事