フォルクスワーゲン、新型ゴルフカブリオレ発売

2011.09.08 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ」
フォルクスワーゲン、新型ゴルフカブリオレ発売

新型「フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ」発売

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2011年9月8日、オープンモデル「ゴルフカブリオレ」を発表した。10月1日に販売を開始する。

他のゴルフシリーズに準ずるインパネ。パドルシフトも採用された。
他のゴルフシリーズに準ずるインパネ。パドルシフトも採用された。
Aピラーは「ゴルフ」に比べ、傾斜が強く、短くされた。後ろに見えるのは初代「ゴルフカブリオレ」。
Aピラーは「ゴルフ」に比べ、傾斜が強く、短くされた。後ろに見えるのは初代「ゴルフカブリオレ」。

■最新の「ゴルフ」がベース

「ゴルフカブリオレ」がマーケットに再び現れた。
日本での「ゴルフカブリオレ」は、3世代目となる先代が2002年の輸入を最後にラインナップから消滅していた。さらに、他のオープンモデル「ニュービートルカブリオレ」と「イオス」は、前者は世代交代で消え、後者は日本市場から撤退。空白状態が続いていたポジションを埋めるべく投入されたのが、今回の新型ゴルフカブリオレとなる。

先代モデルは3世代目と称しながらも、実は2世代目のフェイスリフトモデルで、その中身は「ゴルフ3」をベースとするものだった。4世代目となる今作のベースは「ゴルフ6」、つまり現行の最新ゴルフである。

ルーフは、歴代モデルと同様にソフトトップが採用された。しかし後述するポップアップ式のロールオーバーバーを採用したことにより、歴代モデルのトレードマークでもあった、固定式のロールオーバーバーは姿を消し、オープン時のスタイリングはスッキリしたものとなった。フルオートとなるソフトトップは、30km/h以下であれば走行中でも開閉が可能で、9.5秒でオープン状態に変身する。


フォルクスワーゲン、新型ゴルフカブリオレ発売の画像
シート地には炎天下での温度上昇を抑える「クールレザー」が採用される。この素材はステアリングホイールにも用いられた。
シート地には炎天下での温度上昇を抑える「クールレザー」が採用される。この素材はステアリングホイールにも用いられた。

■静粛性の高さも売り

ディメンションは全長×全幅×全高=4260×1780×1430mm。ベースとなる現行「ゴルフ」よりも全高が55m低められている。これはAピラーの傾斜を強めたことと、長さを抑えたことによるものだ。クローズ時のサイドビューは、さながら“ゴルフクーペ”のようで、従来のようなボックス型とは趣を異にしている。見た目だけではなく、ドライバーの頭上の開放感向上にも貢献している。

エクステリアでは、オープン時だけでなくクローズ時にもアクセントとなる、Aピラー根元からキャビンを取り囲むクロームのモールディングが特徴。欧州仕様に備わるヘッドライト内のLEDデイタイムランニングライトは、日本仕様では採用されなかった。

一方インテリアは、標準装備されるレザーシートに注目。クールレザーと呼ばれる素材が用いられており、炎天下での温度上昇を抑える加工が施されているという。
上質感が高められた室内は、現行ゴルフ同様、静粛性の高さもセリングポイントとされる。車体の剛性アップやドア周りのシーリングに加え、ルーフ全体をカバーする遮音フィルターも採用。風切り音対策も施された。

トランクルームはルーフの開閉によって容量が変わることはなく、250リッターを確保する。


フォルクスワーゲン、新型ゴルフカブリオレ発売の画像
テールランプにはダークテールレンズが用いられた。
テールランプにはダークテールレンズが用いられた。
荷室容量はルーフの開閉に関係なく、250リッターとなる。トランクスルーも可能。
荷室容量はルーフの開閉に関係なく、250リッターとなる。トランクスルーも可能。

■0.25秒で飛び出す

パワートレインは1.4リッターのツインチャージャー付き直4エンジン(160ps、24.5kgm)に7段DSGの組み合わせ。足まわりもゴルフと共通の、前マクファーソンストラット式、後4リンク式を採用する。

衝突対策としてのボディ補強がなされたほか、運転席ニーエアバッグを含む5エアバッグを標準装備。さらに横転時などに乗員を守る、ロールオーバーバーも付与される。これは車体のロール角が一定以上になると、0.25秒以内に後部座席後方からバーが飛び出すというものだ。
なお車両重量は1470kgで、同エンジンを搭載する「ゴルフTSIハイライン」より130kg増となった。

以上のスペックを備えた新型ゴルフカブリオレは、日本市場ではモノグレードの展開。右ハンドルのみが用意され、価格は399万9000円。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)【試乗記】 2011.10.19 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ(FF/7AT)
    ……399万9000円

    新型「ゴルフカブリオレ」に試乗。4人乗りオープンモデルの使い勝手とソフトトップの仕上がりは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)【試乗記】 2013.3.25 試乗記 フォルクスワーゲン・ザ・ビートル カブリオレ(FF/7AT)
    ……375万円

    昨年フルモデルチェンジされた「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」に、早くもオープンモデルが登場。スペック表だけでは推し量れないその魅力を満喫すべく、屋根を開けて春の九十九里浜へ向かった。
  • 第51回:幸運の女神には前髪しかない 2017.7.25 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第51回は「幸運の女神には前髪しかない」。ディーラーのデモカーの入れ替え期、それはカーマニアにとって「狩り」の好機となる。“牛丼車”「ランチア・デルタ」の後継マシンは? ディーゼルへの想いが再燃する!
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る