第60回:輸入中古車LOVE(前編)

2017.09.26 カーマニア人間国宝への道

輸入中古車が好きだ!

いまのところ大勝利! を満喫しているエリート特急こと激安中古「BMW 320d」の購入顛末(てんまつ)記ですが、その締めとして、これから2回にわたり、輸入中古車評論家・伊達軍曹との対談をお送りします。

伊達軍曹は、MJ参謀長(私)率いるお笑い自動車記事編集軍団・MJ戦略参謀本部のナンバー2。6年前に独立し、中古車情報メディアを主戦場に、中古車のライフスタイル的考察にまで踏み込んだ寄稿を続けている。ルックスが不肖ワタクシと似ているため、兄弟に間違えられることも少なくない。

清水草一(以下 清):軍曹。輸入中古車評論家はどう?

伊達軍曹(以下 伊):ええ……。独立当初は、これを足掛かりに超絶高名な新車評論家になってCOTYメンバーに成り上がり、海外試乗会に呼ばれまくって、湾岸の高層マンションでバスローブを着てブランデーグラスをクルクル回す生活を目指していたのですが……。

清:ブワーッハッハハハハハハハ!

伊:最近はどうでもよくなりました! このまま好物である輸入中古車について好き勝手なこと書いていられるのが一番ですね。

清:COTYメンバーになっても、そんな生活できないしね~。

伊:で、できませんか!? まあとにかく、最近は新車にぜんぜん興味を持てないのですよ。性能は過剰だし、なぜかみんな顔がコワくて(笑)カワイくないし、わたしに言わせりゃまったく粋じゃない。なによりも、新車は値段が高すぎます!

清:カーマニアの予算は限られてるもんね。 

当連載を担当するモータージャーナリストの清水草一氏と愛車の“エリート特急”こと「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
当連載を担当するモータージャーナリストの清水草一氏と愛車の“エリート特急”こと「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
伊達軍曹(だてぐんそう)

1967年東京都生まれ。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めたのち、清水草一氏と共に編集プロダクション「有限会社フォッケウルフ」を創業。『IMPORTカーセンサー』の編集デスクを3年間務めた後、輸入中古車評論家に。これまで乗り継いできたクルマは15台。
伊達軍曹(だてぐんそう)
	
	1967年東京都生まれ。輸入中古車専門誌複数の編集長を務めたのち、清水草一氏と共に編集プロダクション「有限会社フォッケウルフ」を創業。『IMPORTカーセンサー』の編集デスクを3年間務めた後、輸入中古車評論家に。これまで乗り継いできたクルマは15台。
COTY(日本カー・オブ・ザ・イヤー)選考委員になったら、本当にこんな生活が待っているのか!? 
COTY(日本カー・オブ・ザ・イヤー)選考委員になったら、本当にこんな生活が待っているのか!? 
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー 2018.2.19 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る