くすぶり続ける排出ガス不正問題に対する
ある欧州製ディーゼル車オーナーの本音

2017.09.25 デイリーコラム

あれって結局どうなったわけ?

欧州メーカーのディーゼル排出ガス問題って、結局どうなったのだろうか?
実のところ、よくわからない。いや、まったくわからないと言っていい。ディーゼルびいきの私としては、知るのが怖い、知りたくないという面すらあったりするが……。

今のところ、大々的に法的責任を問われたのはフォルクスワーゲンのみで、疑惑がささやかれている他メーカーは、なんやかんやでかわしている。メルセデスの300万台サービスキャンペーンをはじめとして。
もちろんサービスキャンペーンはあくまで善意(?)による自主的なもので、法は犯していなかったことになっているが、事実は五里霧中。個人的には、「これが宮廷政治というものかなぁ」と思っております。

フォルクスワーゲンの不正が明らかになったのは、宮廷の外(アメリカ)で摘発されてしまったからだ。その後の事の推移を見ると、宮廷の内部では、厳しい処罰は行えないようだ。
なにせメンバーは有力貴族ばかり。検察官や裁判官が正義を振りかざしたとしても、「まあそう目くじら立てなさんな」「そこらへんは穏便に!」となりそうじゃないですか~。あ、この言い方は日本のムラ社会的ですね。宮廷政治は「諸君に神の祝福あらんことを!」みたいな感じでしょうか?

“ディフィートデバイス”による不正が認められた、フォルクスワーゲンの「EA189」型1.6リッター直4ディーゼルターボエンジン。
“ディフィートデバイス”による不正が認められた、フォルクスワーゲンの「EA189」型1.6リッター直4ディーゼルターボエンジン。
あなたにおすすめの記事
新着記事