第444回:2年ぶりにフルモデルチェンジ!
ヨコハマのスタッドレスはこう変わった

2017.09.27 エディターから一言

「ヨコハマ・アイスガード6(正式名:アイスガードiG60)」


	「ヨコハマ・アイスガード6(正式名:アイスガードiG60)」
	拡大

横浜ゴムの乗用車用スタッドレスタイヤ「iceGUARD(アイスガード)」の新製品「アイスガードiG60(通称:アイスガード6)」が発売された。従来品に比べ、すべての基本性能がアップしたとうたわれる新タイヤの実力やいかに? 報道関係者向けの先行試走会で確かめた。

従来品「アイスガード5プラス」(写真左)と、新製品「アイスガード6」。そのトレッドパターンは大きく異なっている。
従来品「アイスガード5プラス」(写真左)と、新製品「アイスガード6」。そのトレッドパターンは大きく異なっている。拡大
非対称パターンを持つ「アイスガード6」。写真中央より左側(車体イン側)は氷上でのグリップ力確保を担い、対する右側(車体アウト側)は雪上でのトラクション性能を向上させる。「すべてのパターンは機能を伴うもので、見せかけのラインは一切ない」と開発者は胸を張る。
非対称パターンを持つ「アイスガード6」。写真中央より左側(車体イン側)は氷上でのグリップ力確保を担い、対する右側(車体アウト側)は雪上でのトラクション性能を向上させる。「すべてのパターンは機能を伴うもので、見せかけのラインは一切ない」と開発者は胸を張る。拡大
全方位的な進化が図られた「アイスガード6」。中でも氷上性能とウエット性能の向上が、開発のポイントとされている。
全方位的な進化が図られた「アイスガード6」。中でも氷上性能とウエット性能の向上が、開発のポイントとされている。拡大
雪上性能は、トレッド面の溝面積を増やし、カギ形のスポットを設けることで改善。雪道を踏み固めながら、溝に入った雪を効率的に排出できるようになったという。
雪上性能は、トレッド面の溝面積を増やし、カギ形のスポットを設けることで改善。雪道を踏み固めながら、溝に入った雪を効率的に排出できるようになったという。拡大

ウエットにも強い最新モデル

ヨコハマからスタッドレスタイヤの新商品「アイスガード6」が登場した。その始まりは1985年に誕生した「GUARDEX(ガーデックス)」だったが、2002年に氷上性能を大幅に向上させた第3世代のスタッドレスタイヤ「アイスガード」が登場してからは、「アイスガード TRIPLE iG30(アイスガード トリプル)」「アイスガードiG50(アイスガード5)」「アイスガードiG50プラス(アイスガード5プラス)」などを経て、その性能を高めてきた。スタッドレスタイヤに求められる性能の中で、特にユーザーの関心が高いのが氷上性能。「ice」で始まる名前からは、この氷上性能にこだわるヨコハマの思いが伝わってくる。

そして第6世代となるアイスガード6は、アイスガードが重視してきた「氷に効く」という性能に加えて、「永く効く」、「燃費に効く」を進化させるとともに、新たに「ウエットに効く」を追加したのが見どころである。

東京で雪が降ることはめったにないが、筆者は「備えあれば憂いなし」の考えから、取材先で雪に見舞われても大丈夫なようにと、ここ数年は冬の訪れとともにスタッドレスタイヤに履き替えている。おかげで雪のために足止めを食らったことはないが、「スタッドレスタイヤは雨に弱い」というイメージを抱いており、雨の日のドライブに不安を感じていたのも確かである。

ヨコハマの調査でも、ユーザーの約3割がそんな不安を抱えていて、「ウエット性能が向上したスタッドレスタイヤを購入したい」と答えた人は約55%に上ったという。こういった市場の要望に応えるべく生まれたのがアイスガード6である。

あなたにおすすめの記事
新着記事