世界で最初の“バーチャルショー”に!
近未来の東京モーターショーのあり方を提案する

2017.09.27 デイリーコラム

入場者数は全盛期の半分以下に

2017年10月27日、東京ビッグサイトで東京モーターショーが開幕する。テーマは「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」だそうだ。主催者が大規模なテーマ展示を行うのが今回の特徴。「TOKYO CONNECTED LAB 2017」と題し、西ホールに約300人を収容できる巨大ドーム型映像空間を設置し、自動運転、カーシェアリング、パーソナルモビリティーなど、2020年のメガシティー東京とさらにその先のモビリティー社会を俯瞰(ふかん)的に体験できるという。日本自動車工業会(自工会)の西川廣人会長は「これまでは規模を競ってきたが、これからは質を進化させ、世界一のハイテクショーとしたい」と語る。

ここのところ、東京モーターショーはかつての勢いを失ったと言われ続けている。数字を見るとそれは正しく、入場者数は2007年の142万5800人を最後に100万人を割り、その後一度も100万人には届いていない。2008年のリーマンショックによるリセッションの影響でGMが経営破綻するなどした直後の2009年は、海外メーカーが一気に不参加を決め、全体の出展会社数も半減、入場者数はいきなり61万4400人に減った。前回の2015年は81万2500人。ちなみに1991年は201万8500人だ。

ただし東京だけが勢いを失っているわけではない。9月に開かれたフランクフルトモーターショーにもこれまで出ていた日産や三菱、フィアットといったブランドが出展を取りやめた。フランクフルトの入場者数はここ20年以上ずっと90万~100万人の間で安定しているが、増えてはいない。もちろん、ふたつのショーの推移を見ただけでクルマが飽きられたと断じることはできないが、先進国のモーターショーが自動車メーカーにも一般人にも飽きられつつあるとは言えるのではないか。

これに対して、北京と上海で交互に開かれる中国のモーターショーは毎年規模を拡大しているし、タイやインドネシアなど、東南アジア各国のモーターショーも年々熱さを増しているというリポートをしばしば目にする。要するにモーターショーはその国の現在の市場規模ではなく、モータリゼーションへの期待値が入場者数や出展社数となって表れるのだろう。中国は年間販売台数約2800万台と市場規模はすでに世界一だが、人口を考えるとまだまだ増える余地がある。期待値も高いままなのだろう。

2015年の東京モーターショーの様子。「レクサスLC」のベースとなったコンセプトモデル「LF-LC」や「ポルシェ・マカンGTS」などが初公開された。
2015年の東京モーターショーの様子。「レクサスLC」のベースとなったコンセプトモデル「LF-LC」や「ポルシェ・マカンGTS」などが初公開された。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事