第433回:テリー伊藤&バイク王から朗報! 実はバイクは死んでいなかった!?

2011.09.07 エッセイ

第433回:テリー伊藤&バイク王から朗報!実はバイクは死んでいなかった!?

バイク王の「バイクライフ研究所」発足会から。今後はオートバイライフの楽しさや、オートバイ市場の動向などを広く社会に発信していくという。(写真左から)タレントのテリー伊藤氏、人気グループ「AKB48」の宮澤佐江さんと「DA PUMP」のISSAさん。
第433回:テリー伊藤&バイク王から朗報! 実はバイクは死んでいなかった!?

バイク王ひとり勝ちの謎

あー、よかった。何がって? 前にも書いたけど、日本のバイク市場はすっかりお尻に火が付いてると思ってたのよね。タマの二輪報道にしても、聞けば寂しくなるものばかりで……国内販売台数は1982年(約30年前!!)の329万台をピークに、2009年は38万台と、そのわずか11%しかない! とか。せっかくはやってたビッグスクーターブームもリーマンショック&道交法改正で風前のともしび。実際、知り合いのスクーター雑誌も、しばらく前に2誌連続で休刊してるとかさ。

でも、考えてみれば当たり前だ。この不況だけじゃなく、1980年代の三ない運動に始まり、二輪は長らくイジめられっぱなしの伝統(?)があり、そこに2006年の道交法改正がトドメを刺した構図。都市部での駐車が事実上不可能になると、バイクの実利的存在意義なんてほぼ壊滅するわけで、やっぱ渋滞や狭い場所にも関係なく、いつでもどこでも素早く行けるのが二輪最大のメリット。それじゃあまりに厳しすぎるっておハナシですよ。
しかも都会じゃ、代わりに自転車ばやりでさ。結局、締め付けるだけじゃイタチごっこで都心移動の根本的解決になってないんだよなぁ。チャリンコ事故も増えてるし……。

日本自動車工業会のデータから。2000年以降、50cc以上のバイクの国内保有台数はじわじわと増え続けている。
第433回:テリー伊藤&バイク王から朗報! 実はバイクは死んでいなかった!?

なーんてボヤキはさておき、だからずーっと不思議だったのよ。そ、例のバイク王。「♪バイクを売るならGO〜」なーんてCMバンバン打ってて、実に景気よさげ。バイク不況にもかかわらずいったいどうなってんの? という。
旧知のテリー伊藤さんも出てるし、先日バイク王が始めた「バイクライフ研究所」発足イベントとやらに行ってみたわけです。そしたらなるほど……。

「250cc以上に関していうと、台数は伸びてるんですよ。落ちているのは原付だけなんです」とは所長の澤篤史さん。実際、2010年の販売台数は2009年に比べて伸びてるし、保有台数でみると原付より上のクラスはずっと微増傾向。
「最大の理由は“団塊の世代”。ここ数年みなさんリタイヤされたじゃないですか。具体的には750cc以上、ハーレー、BMWあたりが伸びています」。うーん、すごいじゃないですか。ここ何年かの大型ブームは知っていたけどそれが着実に浸透していたとは。
「それに、二輪は老化防止になるとか、年配の事故は意外と少ないとか、そういう報道も追い風だよね」とは知り合いのバイク誌編集者。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』