メルセデスが「AMG G65」の仕様を変更

2017.09.27 自動車ニュース
「メルセデスAMG G65」
「メルセデスAMG G65」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年9月26日、「メルセデスAMG G65」の仕様の一部を変更し、同年12月末日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。納車については2018年3月以降を予定している。

 
メルセデスが「AMG G65」の仕様を変更の画像拡大
 
メルセデスが「AMG G65」の仕様を変更の画像拡大

今回の変更では、ボディーカラーに「designoデザートサンド」や「designoマグノアラナイトグレー」など9色を追加。またインテリアには「AMGカーボンファイバーインテリアトリム」を設定し、新規に「designoシャンパンホワイトピアノラッカートリム」と「designoサテンライトブラウンポプラーウッドトリム」の2パターンを追加。合計3000通り以上の内外装色とインテリアトリムの組み合わせから、好みに応じた仕様を選択可能とした。

また無償の専用パッケージオプションとして、「エクスクルーシブエディションパッケージ」と「ナイトパッケージ」を設定した。各パッケージの内容は以下の通り。

【エクスクルーシブエディションパッケージ】

  • カーボン調レザーシート
  • スペアタイヤカバー ボディー同色
  • ステンレスアンダーカバー
  • ダークアルミニウム調ストリップライン
  • AMGスポーツストライプ
  • セラミックポリッシュ21インチAMGツインスポークアルミホイールまたはブラックペイント21インチAMG5ツインスポークアルミホイール

【ナイトパッケージ】

  • ルーフ オブシディアンブラック
  • ブラックアクセント(フェンダー、フロントバンパー、リアバンパー、ルーフ、ドアミラーカバー、サイドストリップライン、スペアタイヤ カバー)
  • ブラックペイント20インチAMG 5ツインスポークアルミホイール

価格は3900万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Gクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.7.17 試乗記 今やアイコン的存在となっているメルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」。新設計のボディーやフロント独立懸架の足まわりを得て、劇的な進化を遂げたというニューモデルの出来栄えを、“オン”と“オフ”の両方で確かめた。
  • ジャガーXFスポーツブレイク プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.8.10 試乗記 伸びやかなルーフラインが美しいステーションワゴン「ジャガーXFスポーツブレイク」に試乗。「Fペース」や「Eペース」といった同門のモデルも含めて、SUVが幅を利かせるいま、あえてワゴンを選ぶ理由はどこにある?
  • ホンダ・ゴールドウイング(MR/7AT)【レビュー】 2018.8.7 試乗記 400kgに迫る車両重量、1.8リッターの水平対向6気筒エンジンと、あらゆる部分が規格外なホンダのフラッグシップモデル「ゴールドウイング」。6代目となる新型は、遠乗りに特化したクルーザーかと思いきや、“操る”ことを積極的に楽しめる一台に仕上がっていた。
  • これからお店に行く人にささぐ
    「スズキ・ジムニー」購入のススメ
    2018.7.23 デイリーコラム いよいよ販売が開始された新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。ここまでの取材を担当してきたwebCG編集部員が、過去の経験や記憶を総動員して、ジムニーを買う上でのちょっとしたポイントを紹介する。皆さん、ようこそジムニーワールドへ!
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
ホームへ戻る