谷口信輝の新車試乗――マクラーレン570GT(後編)

2017.09.28 mobileCG
 
谷口信輝の新車試乗――マクラーレン570GT(後編)の画像

SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「マクラーレン570GT」に試乗する。世にスーパースポーツカーは多いが、マクラーレンは、そしてこの570GTは、いったいどんなポジションにいるクルマなのだろうか? 谷口信輝が独自のスーパーカー論を展開する!

 
谷口信輝の新車試乗――マクラーレン570GT(後編)の画像
 
谷口信輝の新車試乗――マクラーレン570GT(後編)の画像
 
谷口信輝の新車試乗――マクラーレン570GT(後編)の画像
 
谷口信輝の新車試乗――マクラーレン570GT(後編)の画像
 
谷口信輝の新車試乗――マクラーレン570GT(後編)の画像

バイクのように軽く走っていくイメージ

570Sに続いて570GTからも「オートバイのようなフィーリング」を感じると主張する谷口信輝。前編に続いて、この点をもう少し深掘りしてみることにしよう。

「エンジン回転数を上げたときにぐわーって盛り上がるよりも、なんかターボのブーストとかでかるーく走っている感じがするんですよ。エンジンもかるーく回っていて、なんかターボ感で走っているようなイメージなんです」

ああ、なるほど。想像するに、谷口は排気量が400ccとか650ccくらいの、いわゆる国産マルチシリンダーバイクをイメージしているのではないか。つまり、エンジンが分厚いトルクを生み出しているというよりは、回転数と軽い車重を生かして軽快に加速していくあの感触と似たものを、マクラーレンに見つけ出しているのだろう。

「570GTって、エンジン音も決して大きくないですよね。ターボのせいで静かなのかもしれないけれど、でも、それはほかのマクラーレンも同じはず。だから、排気系を工夫して静粛性を高めているんでしょうね、きっと」

実はマクラーレンはガラスルーフにSSF(サウンド&ソーラー・フィルム)を貼ったり、内部にポリウレタン製スポンジを組み込んで静粛性を高めた「ピレリPゼロ」タイヤを装着したりして、キャビンをできる限り静かに保とうとしている。そんな努力の一端が、谷口にも伝わったようだ。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
570GTマクラーレン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720S(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.2 試乗記 マクラーレンロードカーの中核をなすスーパーシリーズ、その最新作である「720S」にイタリアで試乗。新しいシャシーと4リッターまで拡大されたV8ターボエンジンがもたらす走りは、ピュアなスポーツドライビングの歓びに満ちていた。
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る