第156回:「ベルエア」に乗る黒人女性がNASAを救った
『ドリーム』

2017.09.29 読んでますカー、観てますカー

パトカーの先導でNASAへ

『ドリーム』で最初に映し出されるのは、だだっ広い草原を貫く一本道だ。路肩に停められた1台のクルマは、薄いブルーと白の2トーンに塗り分けられている。「シボレー・ベルエア」だ。黒人女性3人が同乗していて、1人は運転席に座り、1人は外で化粧直し。もう1人は開けたボンネットの中をのぞき込んでいる。どうやら、故障して動かなくなってしまったらしい。

当時人気のフルサイズセダンに乗っていて、オシャレな服に身を包んでいる。それなりに裕福な生活をしているのだろう。しかし、時は1961年。黒人は正当な権利を勝ち得ていない時代だ。パトカーが近づいてくると、彼女たちに緊張が走る。難癖をつけられて暴行されたり、逮捕されたりする危険だってあるからだ。警官は横柄な態度だったが、彼女たちの行き先がNASAの研究所だと聞くと急に協力的になる。修理が済むと、パトカーが先導して職場まで送り届けてくれた。

警官が態度を一変させたのは、NASAに対する敬意を持っていたからだ。アメリカはソ連との宇宙開発競争のただ中にあった。1957年にソ連がスプートニク1号の打ち上げに成功し、アメリカを出し抜く。宇宙からソ連に監視されているかもしれないと不安になり、核爆弾を積んだミサイルが降ってくるかもしれないと本気で恐れていた。宇宙開発がミサイル技術に直結していることは、最近の北朝鮮を見ればよくわかる。このままではアメリカは共産主義者に牛耳られてしまう。NASAは国民の危機感を払拭(ふっしょく)する責任を負っていたのだ。

ⓒ2016Twentieth Century Fox
ⓒ2016Twentieth Century Fox拡大
 
第156回:「ベルエア」に乗る黒人女性がNASAを救った『ドリーム』の画像拡大
「シボレー・ベルエア」
1950年代アメリカ車の象徴的存在ともいえるのがベルエアである。1950年にグレード名として登場し、1953年から上級スポーツモデルとしての位置づけが明確になった。1955年にはV8エンジン搭載モデルも加わり、洗練されたテールフィンの造形とクローム加飾が人気を呼んだ。映画に登場するのは1957年モデル。
「シボレー・ベルエア」
	1950年代アメリカ車の象徴的存在ともいえるのがベルエアである。1950年にグレード名として登場し、1953年から上級スポーツモデルとしての位置づけが明確になった。1955年にはV8エンジン搭載モデルも加わり、洗練されたテールフィンの造形とクローム加飾が人気を呼んだ。映画に登場するのは1957年モデル。拡大
 
第156回:「ベルエア」に乗る黒人女性がNASAを救った『ドリーム』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事